EVER17

EVER17

『EVER17』は2002年にDC用として、
KIDから発売されました。

ラノベの延長としてはありなんだろうけどね・・・



<感想>


ゲームの評価基準、或いはどこを重視するのかは人それぞれでしょう。
ADVにおいては今日ではシナリオ重視派が多数ですが、
ではシナリオが最高なら満点を与えて良いのでしょうか?

『EVER17』が発売された当時、一部で絶賛する声もありました。
しかし本作には、ゲームデザインにおいて特別なシステムは存在しません。
既存のシステムを洗練させたわけでもありません。
ごく普通のノベルゲームです。
グラフィックやサウンドも、
当時の基準で考えたとしても格段に優れているわけではありません。

残るはシナリオだけです。
これもまた、終盤までは非常に酷い。
海中に閉じ込められる危険な状態下にあるという設定ですからね、
パニック物のスリリングな展開になるのが通常です。
ところが、能天気にもかくれんぼだの何だので緊張感の欠片もないのです。
リアリティがまるでないどころか、
くだらなく面白みの欠片のない展開が十時間以上も続きます。

絶賛する人は言います。
途中はだれるけど、最後までやってみてと。
結局絶賛する人にしても、素晴らしいと言ってるのはラストの展開だけ。
仮にラストがゲーム史上最高の出来だったとしても、
それまでの何十時間もの間は退屈なのです。

ゲームだけでなく映画でも小説でもそうですが、
総時間の大半が退屈な作品に向かって最高と言って良いのでしょうか?

私には、そうは思えないんですよね。
ゲームとは様々な要素から成り立つものであり、
シナリオは大きな比重を占めているとはいえ全てではありません。
本当にシナリオだけを求めるならば、小説を読んだ方が良いに決まってます。
小説にないプラスアルファの要素があるからゲームをやるわけで、
プラスアルファのないゲームはそれだけで最高とは思えないのです。
しかもそのシナリオにしても、ラストだけが良いってだけじゃね・・・
もうこの時点で、私の中で最高傑作足りうることは絶対にありえないです。

本作のあの尋常じゃないダルさは、
ギャルゲー好きでないとなかなか耐えられないでしょう。
とてもじゃないけれど、安易には普通の人には薦められません。
だりぃ~クソゲーってつきかえされるに決まってます。
無理やりやらせようとしたら、イタイ奴認定されるでしょうね。

ただね、例え傑作でなくても、
ストーリーが良いの1点だけで名作と判断した例はたくさんあります。
『好き好き大好き!』なんかは、グラフィック最悪~って思いつつも、
ストーリーのただ1点でもって高く評価してますし。

しかも、本作のキャラデザは結構好みでして。
一般的にはこの序盤はクソゲーに属するんだろうなと思いつつも、
キャラデザの影響もあって私個人はわりと普通に乗り切ったんです。

そうなると、残るは素晴らしいラストの展開だけ。
クリアしたあかつきには、新しい名作の誕生となるはずだったんです・・・

様々な欠点があるにもかかわらず、
その全てを蹴散らすかのように評価されている本作のラスト。
そう、これさえ本当に噂通りならば、間違いなく名作扱いだったんです。

じゃあ実際にはどうだったのか。
基本的に言われることは、「叙述トリック+メタ的要素」でしょうか。
まず叙述トリックについてですが、
このトリック、或いは似た構造を用いたゲームは既に存在していました。
『贖罪の教室』とか『書淫、或いは失われた夢の物語。』とかね。
探せば他にもあるかもしれませんが、
何れにしろ本作がゲームに使われた初めての作品ではありません。

また小説では幾らでも出てくるトリックですからね、
これがゲームでしか出来ないというのも完全に間違いです。
申し訳ないが、これをゲームでしか出来ないと言う人は、
あまりに小説を知らなすぎです。

中には立ち絵とかの構造を上手く用いたなんて意見もありますが、
それってギャルゲオタの勝手な思い込みの裏をかいたというだけで、
一般の人には通じません。
私は一般の人ではないのだろうけれど、
ギャルゲオタの勝手な思い込みみたいなのはないので、
全く通用しません。
本作は、例えばギャルゲーとはAやBやCという前提があるのだよと説明しつつ、
でも実はAやBやCは嘘でしたって言っているようなものですからね。
勝手に設定を作ってそれを自分でひっくり返しているようなものですから、
とても評価に値しません。

まぁこのトリック自体は非常にインパクトがあります。
初めて触れた時は、心底驚くでしょう。
でもね、今ではゲームでも幾つもあるんです。
その全てを絶賛してたらきりがない。
前例が幾つもあるのに、
自分がたまたま初めて触れたってだけで絶賛するのは馬鹿げてるでしょう。

とはいえ、トリックが上手く使われていたら話は別ですよ。
しかし、叙述トリックとしても上述のように本作は優れているとは思えません。
このトリックは如何に騙せるかが肝です。
ネタバレなしに説明は難しいのですが、本作はルート間で登場人物も異なるのに、
それを全くの同一場面と考えろって方が無理です。
鼻っから同一でないと考えてるのに、
ラストで実は違うんですって言われてもね~
ぶっちゃけ、ああやっぱりねって、ただしらけるだけです。

一方で、騙そうとしてるんじゃないから、
叙述物ではないとの見方もあるらしいです。
それにしたって、シナリオの先が見えててしらけることに変りはありません。
特に本作はいわゆる「志村現象」が酷く、しらけ具合に拍車をかけてましたし。
壮大な流れをこじつけたってだけに思えるんですよね。

もう一つは、メタ的構造でしょうか。
この言葉はゲーム用語じゃないですしね、
まともにやったら説明だけで長くなっちゃいます。
とりあえずゲームに限ってみるならば、
プレイヤーの存在をも考慮した作りってとこでしょうか。

ん~、これもね、ゲームで散々使われてるんですよね。
そもそもADV自体がプレイヤーを前提としたメタ的な物ですし。
90年代に入ってストーリー重視になる過程で、
むしろこうした要素が削られていった感がありますからね。
斬新というより復活って感じでしょうか。
懐かしさはあっても、決して驚きにはつながらなかったです。
古参のプレイヤーは特にそうでしょうね。
ノベルや近年のADVでの使用に関しても既に何度か見かけてますし。
(『Renaissance』とか『臭作』とか…)
あぁ~、そのネタね~みたいな今更感が強かったです。

結局ね、特にこれといったものが何も無かったんです。
新しい要素も無ければ、従前の要素を洗練させたってわけでもないし。
最後は風呂敷をたたみにきてはいるから駄作とは言わないけれど、
それにしたって何か強引にこじつけたな~ってだけで。

ただこのゲームにしても、
私の比較対照はPCのゲームや古いゲーム、或いは小説だったりします。
もし「私が」家庭用ゲームしかしてない人で、
なおかつ推理小説なんて普段から読まず、
あまり物事を疑わない小学生ぐらいであったならば、
或いは絶賛しちゃってたかもですね。
そういう意味では本作はゲーム機で出た作品、
即ち子供向けノベルがゲーム機で出されただけなので、
大人がとやかく言うのは野暮なのかもしれませんけどね。
もっと早く小学生くらいの頃に出会っていたら、
私の感想も変わっていたのでしょうから。
このゲームをどう捉えるのかで、
プレイヤーの年代も必然的に分かってしまうのかもしれません。

あとは、上でもちょろっと書いていますが、
トリック云々ではなく、
最後の纏め方が上手いとか伏線の回収の仕方を評価する傾向もあります。
これは発売後しばらく経ってから出てきた傾向ですかね。
最初の頃は逆だったと思いますし。
最初の頃はトリックに驚く人はいても、
纏め方なんかはありがちで強引って意見がよくありましたしね。
確かに、リアル路線でしがらみの多い中で破綻なく纏めたなら、
それは絶賛に値するでしょう。
でも何でもありなSF展開で、
しかもその独自理論を最後の最後に持ち出して、
それで纏めましたって言われても、
強引にこじつけたという感じしかせず白けるんですよね。
途中の伏線の張り方や騙し方に不満があるだけに、尚更そう感じちゃうのです。

<総合>


結局ミステリー方面では2番煎じ、SF方面では強引にこじつけただけの、
非常に途中のだるい作品って印象でしたね。
たぶん、本作はこの手の作品に触れたことがあるか否かで、
それで評価が決まってくるんじゃないでしょうか。
そういう意味では子供向けのゲーム機だから通用した、
本当の初心者向けのゲームなのでしょう。
何れにしろ、自分が何も知らない頃は楽しめるけど、
知ってしまうと楽しめないのでは評価しにくいわけで、
総合的には凡作としておきたいと思います。

ランク:D(凡作)



関連するタグ ドリームキャスト /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

人生で初めて経験する叙述トリックは本当に衝撃を受けるからなー
かくいう自分も発売当時は、あまりこのトリックに対する耐性がなくてかなり感動したんですけどね
たかがギャルゲーだろと舐めてたところもあるし

でもあの衝撃を楽しむだけなら、ゲームじゃなくて小説で十分なんだよね
このゲームで騒いでる人間に叙述トリック関係の名作を薦めたくても
薦めた瞬間にその作品は叙述トリックだよとネタバレしてるようなもんだから
教えられずにもどかしい気分になるね

名前がないので、名無しさんとして書かせてもらいます。

> このゲームで騒いでる人間に叙述トリック関係の名作を薦めたくても

私もそう考えた時期もありましたが、無駄なようですね。

人には変われる人と変われない人がいるようで、文面からすると名無しさんは前者なのでしょう。
でもこの作品の信者になる人は後者なのです。
幾ら説明しても、次々ああだこうだと全く筋の通らない屁理屈を上げ、考えを変えようとしないのです。まず高評価ありきなので、苦し紛れな言い訳を聞けば聞くほど阿呆らしくなってきます。
だから叙述トリックの名作を薦めても、小説とゲームとは違うのだとして筋の通らない論を唱え、後発ならパクリ呼ばわりするだけでしょう。
私は別に自分の考えが絶対とは思いませんので、他者の意見を聞いてなるほどと評価を改めた作品もあります。
しかしこの作品で何かを言ってきた人でまともな説明になっているものは一つもなく、所詮はその程度なのかと飽き飽きしています。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1243-d5caeb5a
| ホームへ戻る |