カルメン サンディエゴ イン ジャパン

カルメン サンディエゴ イン ジャパン

『カルメン サンディエゴ イン ジャパン~犯人探して日本全国~』は、
1989年にPC-98用として、ブロードバンドジャパンから発売されました。

もともとはアメリカの地理教育用ゲームだったのを、
日本向けにリメイクしたのがこのゲームでした。

carmen11.jpg

<概要>


本作の姉妹作品として、90年にはPCエンジン用の、
『カルメン・サンディエゴを追え! 世界編』が発売されています。
そちらは世界の30都市を舞台とするのですが、
ハードの普及数から考えるとPCエンジン版の方が知られているかもですね。

内容としては、依頼を受けた主人公が、
カルメンギャング団に奪われたお宝を取り戻すべく、
日本全国を奔走することになります。

<感想>


さて、本作は端的に言えばコマンド選択式の推理ADVとなります。
そう書くとありきたりっぽいですが、中身はかなり個性的でした。

ジャパンというだけあって、舞台は日本全国です。
怪盗であるカルメンギャング団は、
日本の名産品を求めて全国を飛び回ります。
各地で聞き込みをすると、その人をみかけたよ何々温泉に行くと言っていたとか、
何々伝説に興味があるらしいといった情報が得られます。

その情報から次の行き先を判断するわけですが、
それ以上の情報も得られないんですね。
つまり、得た情報がどこにあるのか、どこの伝承や名産品なのか、
全てプレイヤーの知識次第となるわけです。
日本の地理に詳しい人には容易でしょうが、
そうでない人には結構厳しいかもしれません。
これを教育ソフトとして置いていたところもあるそうですが、
それも十分うなずけますね。
本作と『桃太郎電鉄』をやりこめば、
日本の地理にはかなり強くなれそうな気がします。

情報を判断、推理して移動すると、ときに犯人に出くわすこともあります。
ゲームの目的は犯人を逮捕することなのですが、
出くわしただけでは逮捕することはできません。
逮捕するためには逮捕状が必要なのです。
逮捕状を得るためには、
犯人の性別や髪型、趣味等を埋めなければなりません。
これも、捜査をするにつれ次第にわかってきます。
ここら辺は推理ゲームらしいところでもあり、
逮捕には逮捕状が必要という当たり前のことを、
上手くゲーム性の向上に反映させていたかと思います。

また、本作には時間制限があり、
のんびり聞き込みをしている余裕もありません。
限られた時間、限られた情報の中で、
如何に効率よく捜査を進められるかが鍵なのです。

日本の地理に関する絶対的な知識、
得た情報から推理する判断力、
効率よく捜査する処理能力、
さまざまな角度から頭をフル回転させる必要があり、
かなりやり応えのあるゲームでしたね。
非常にオリジナリティの高いゲームだったと思います。

これだけで十分名作だと思うのですが、
物足りなかった部分がないわけではありません。

何かといいますと、本作は非常に淡々としているということです。
グラフィック的に派手な演出があるわけでもないし、
物語的に盛り上がる要素があるわけでもないのです。

もちろん各県ごとに取り込み画像はあって、それは楽しめたのですが、
逆から言えば、それだけしかないとも言えます。
ストーリーに関しては同じような展開がずっと続き、
ストーリーらしきストーリーはないとも言えるでしょう。
これでは、どうしても地味に感じてしまいますよね。

教育ソフトとしての性格も有していることから、
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。
でも、そこをもう一工夫してくれたら、
面白い作品が、きっと更に素晴らしい作品へとなっていたでしょう。
そういう可能性を秘めていただけに、
非常に惜しくもありましたね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1241-7d3549a5
| ホームへ戻る |