PRESENCE (プレゼンス)

PRESENCE (プレゼンス)

『PRESENCE (プレゼンス)』は1992年にFM-TOWNS及びPC-98用として、
シュールドウェーブから発売されました。

ジャンルはコマンド選択式のADVで、サスペンス物になります。
『ノスタルジア1907』の続編になりますね。

presens.jpg

<感想>


これはね、何とも不遇なソフトでしたね。
シュールドウェーブというと『ノスタルジア1907』が有名なわけでして。
本作はそのノスタルジアの続編として発売されています。
こういう売り方をされると、
どうしても前作のファンが前作の雰囲気を期待して買っちゃいますよね。

しかし、これは一般論というかこれまでの経験上の話ですが、
例え単体では凄く出来の良い続編があっても、
それが前作の雰囲気と全然異なっている場合には、ほぼ例外なく叩かれています。
そして、そのことが本作にもあてはまると思うのです。

セピア調のグラフィックに、大人な雰囲気のテキスト・ストーリー、
燃えさせてくれるゲームシステムに、秀逸なサウンド。
前作のノスタルジア1907の魅力を簡潔に述べるとそんなところでしょうか。

本作もまた、サウンドは秀逸です。
しかし本作は、グラフィックがカラーになり、舞台は現代に変更されました。
テキストの味わいも減り、システムは単調なコマンド選択式になりました。

前作のファンが好きだった、そして続編にも求めていたであろう要素は、
その多くが本作には見あたりません。
マイナーな本作は、プレイした人の多くが前作ファンだったでしょう。
それを考えると、叩かれることが多かったのもうなずけます。

でも、もしこれがノスタルジアとは全くの別物だったならば、
それなりに評価されていたかと思うのです。

さて、本作はサイキックディテクティヴシリーズのように、
対象の深層世界にダイブしていきます。
その深層世界が主な舞台になるのですが、
それが豊富なアニメーションで表現されているのです。

そしてこのアニメーションの見せ方も質も、
当時としてはかなりレベルが高かったと思います。
確かに、CDを採用していたTOWNSにおいては、
アニメーションを使用したゲーム自体は珍しくなかったかもしれません。
でも、PC-98ではアニメーションの存在自体がかなり珍しかったはず。
数少ないアニメーションのあるゲームだった上に、
その中でも最高水準の内容でしたからね。
フロッピーによる容量の制限とPC-98の色数制限の中で、
よくぞここまで出来たものです。
92年の作品ではありますが、
PC-98全部を通じてもこれ以上のアニメって一体どれだけあるものやら。
そう考えると、前作の良さがないってだけで叩く気にはなれないのですよ。

<総合>


前作が凄かっただけに、それよりは劣るかなと思いますが、
だからと言って決して凡作とかいうのではなく、
これはこれで結構面白いと思うんですよね。
少なくとも、私はかなり好きな作品です。

92年の枠が埋まった関係でランクはBにしてありますが、
限りなくA-に近いBって捉えてもらって良いでしょう。
本当に、売り方で失敗した勿体無いゲームでしたね。

ランク:B(良作)

PRESENCE

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1238-e620efda
| ホームへ戻る |