Rookies (ルーキーズ)

Rookies (ルーキーズ)

『Rookies (ルーキーズ)』は1997年にPC-98用として、
海月製作所から発売されました。

いつになっても忘れられない作品があります。
おそらく、このゲームがマイベストって人はいないでしょう。
斬新なシステムがあるわけでもなく、
派手な演出があるわけでもないですからね。
でも、私はこのゲームが好きなんです。

rookies02-s.jpg

<概要>


ゲームジャンルはマルチエンディングのコマンド選択式ADVになります。

ストーリーは、いわゆる探偵物になります。
主人公は全く依頼の来ない探偵であり、
30歳の誕生日の際に彼女から将来について諭されます。
今度失敗したら探偵を辞めるという条件の下、
主人公は、ある女子校に蔓延する麻薬の調査をするため、
用務員として、その女子校に潜入することになります。

<ストーリー>


探偵物ではありますが、謎解きに対する比重は少ないでしょう。
派手なトリックとかもありませんしね。

むしろ、主人公の心理描写等に比重が置かれています。
30歳にはなったものの、仕事が全く上手くいっていない主人公。
彼の挫折と、そこから這い上がろうと努力する姿が、丁寧に描かれています。

また女子校ということで、当然可愛いヒロインらが登場します。
彼女らと主人公の掛け合いも十分楽しいのだけれど、
それ以上に男性キャラが良い味を出していましたね。
主人公とライバルのやり取りの方が熱くて、
凄く楽しかった記憶があります。
ギャルゲーやアダルトゲームには魅力的なヒロインが必須でしょうが、
本当に良い作品の多くは、男性キャラも魅力的なんですよね。
そう再認識させてくれる作品でもありました。

このゲームがマイナーな感じがするのは、
ある意味仕方ないのかもしれません。
そもそも97年のPC98の作品なので、
その時点で対象が限られてしまうのですが、
それ以外にも、いわゆる売れ線とは明らかに違いますから。
強烈な萌えもなく、派手な仕掛けもない。
バトル要素とかもないし、王道な学園物でもない。
主人公はさえない三十路男でしかなく、
近年多い俺ってつぇ~な格好良い主人公でもありませんし。
なので最近の主流路線が好きな人が本作をプレイして楽しめるかは、
正直私にはわかりません。
今の売れ線に含まれている要素は、本作にはあまりないですからね。
地味なゲームだな~って思う人も、きっと出てくるでしょう。

でも逆に、最近の売れ線にはない魅力が、
このルーキーズにはあると思うのです。
丁寧に描きつつも途中はテンポ良く進み、最後は盛り上がる。
本作は決して派手ではないけれど、とても纏まっているんですよ。
起承転結がしっかりしているんですよね。
だから安心して楽しむことができるのです。
これがしっかりと構成されているゲームって、
ありそうでいて案外少ないと思います。

これに三十路男の葛藤の描写や、
魅力的なサブの男性キャラ陣も加わるとなると、
本当に少ない気がするのです。
一見するとありがちなゲームではあるのだけれど、
よくよくみると代替が利かない稀有な存在なのかなとも思ったり。
最近のノベルに飽きてきたよって人や肌に合わないって人には、
むしろこのゲームから得られるものの方が多いのではないでしょうか。
私がいつまでも忘れないでいるっていうのも、
そうした所に理由があるのかと思いますね。

また、ゲーム内で「夢はいつでも未来形」って言葉が出てきますが、
その言葉がとても印象的でしたね。
その言葉は三十路の主人公を支えてくれる恋人の言葉として出てきます。
最近は内助の功って言葉があまり使われなくなりましたが、
男性を影から支えてくれる女性って良いですよね。

<グラフィック>


rookies01-s.jpg

ところで、海月製作所は「ジェリーフィッシュ」の旧称です。
海月製作所としては、豊富なアニメーションの使用と、
98最後の大作ゲームとして話題を集めた『ラブエスカレーター』が有名です。
ジェリーフィッシュとしては、
『GREEN』や『LOVERS』の印象が強いでしょうか。

因みに、海月製作所の「海月」は「うみつき」と読みます。
普通は「海月」と書いて「くらげ」って読みますので、
そうすると「くらげせいさくしょ」ってなりそうなのですが、
このブランドに関しては「うみつきせいさくしょ」で良かったはず。
裏の裏をかいたみたいで、何だかややこしいですね。

総じてブランドイメージはアニメーションにこだわってるって感じですが、
本作は珍しく(というか、唯一?)アニメーションを使っていません。
従って、ブランド的には異端だったのでしょうね。

売りであるアニメこそ使っていませんが、
原画には当時人気の「たくま朋正」さんを起用しており、
グラフィック面でも十分満足できました。

ってか、もともと私は原画目当てで購入したんですよね。
当時の購入者の多くも、たぶんそうだったんじゃないでしょうか。

で、実際に購入しても満足できたわけですが、
予想外にと言ったら失礼かもだけど、
前述の通りむしろストーリーの方が良かったわけでして。
これは思わぬ拾い物というか、当たりを引いたな~って思ったものです。
ここのブランドでは、この『ルーキーズ』が一番好きですですね。

<感想・総合>


本当に、地味だけど良く出来た作品でした。
主観的には、かなり大好きな作品でしたし、
この作品のライターの作品は、もっとプレイしてみたかったですね。

上述のように、ありそうでないタイプの作品ですので、
今でも楽しめる人って結構いると思うのですよ。
特にPC98時代のゲームが好きなのに、
時期的なものがあって本作を見落としていたのなら、
検討してみる価値はあると思いますね。

ランク:A-(名作)

ルーキーズ

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰してます、あやちだいちです。
最近まで忙しくてほとんど家のパソコンにすら
向かってませんでした。
遅いコメントで申し訳ないのですが...汗
久しぶりに時間ができたんで98のADVをやろうと
katanさんの記事読んでRookiesに決めて、無事ED、笑
なんか探偵物がやりたかったんです。
このゲーム初プレイだったんですが
ストーリーよかった... 特に主人公の心情、すーっと入ってくる流れ
温度感、どれをとっても楽しめました。
katanさんの高評価ものは安心してプレイできますね。
次はどれにしようか... 検討中
そう言えばゲームの記事はほとんどこちらに移られたんですね。
もしよかったらこちらの方も相互リンクを
してもよろしいでしょうか...

お久しぶりです。
私もPCが故障していて、2月はほとんどブログには触れられませんでした。
『Rookies』はお気に召したようで良かったです。主人公の年齢が高いゲームってそれだけで冷遇されがちなので、いつも残念に思ってしまいます。個人的にはこういうゲームがもっと増えて欲しいものです。
>特に主人公の心情、すーっと入ってくる流れ  温度感
そうなんですよね。雰囲気がとても良くて、本当に好きな作品でした。
ブログはほとんどこちらに移転しました。よろしいのでしたら、こちらこそ相互リンクをお願いします(そもそも、こちらからお願いしようとしたら休眠期に入られてしまったので、お願いできずにいたんです…)。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1235-6fa26677
| ホームへ戻る |