ヴァーチャル・ヴァレリー2

ヴァーチャル・ヴァレリー2

『ヴァーチャル・ヴァレリー2(VIRTUAL VALERIE2)』は、
1995年にハイブリッド用として、メディアカイトから発売されました。

オリジナルの『VIRTUAL VALERIE2』はReactor社が制作し、
本作はそれの日本語版になりますね。

vv202.jpg

<感想>


インタラクティブムービーの存在を一躍有名にさせたのが、
『スペースシップワーロック』でした。
作ったのはReactor社でしたね。
もっともReactor社にとっては初のインタラクティブムービーではなく、
それより先にアダルト物の『ヴァーチャルヴァレリー』を作っていました。
つまりVVはこの手のジャンルの元祖的存在でもあったわけです。
内容的にはヴァレリーとのHばっかなわけですが、
アニメ調でないアダルト物は貴重ですからね。
一部の人にはかなり意味のある作品だったように思います。

本作はその続編なのですが、驚くことにキャラが3DCGになりました。
3DCGで女性キャラを描くというのは、
この当時では非常に難しかったわけでして。
それもアダルト物で実用に耐えるとなると、
もう別格な存在と言えるでしょうね。
濃いキャラデザが日本人に合うのかという問題を除けば、
国内のアダルト物とは、
技術的に雲泥の差があると言わざるを得ないでしょう。

vv201.jpg

まぁ、本作だけを見た場合、
いかにも洋物といった金髪美女とHするだけなので、
感想も何もそれが気に入るか否かって話で終わってしまいそうですけどね。
でも、一連の流れで見てみると、中々興味深くも思うわけでして。

というのも、もともと初代VVやSWの頃は、
ジョー・スパークスやマイク・セアンツが一緒に作っていました。
後にジョー・スパークスが自分で会社を作って離れたことから、
本作はマイク・セアンツがだけが作ることになります。
そして、そいう事情がゲーム制作にも表れてくるわけです。

初代VVはHすることが主目的と考えられているわけですが、
実はその空間内のあちこちクリックして、
その反応を楽しむっていう楽しみがありました。
というか、むしろそっちの楽しみの方が大きかったりもします。
そういう遊び心はジョー・スパークスの好みが大きいみたいで、
『トータルディストーション』なんかにも良く表れています。
これは単なるオマケ要素とも考えることもできるでしょうが、
ジョー・スパークスの理念からすると、女性だけではなく、
仮想空間そのものを楽しませようとしたように思えますね。

他方で、本作にはそうした遊び心がありません。
本当にHだけです。
私はADV的観点から考えますので、
いろいろクリックできる楽しみがある方が好きです。
なので、本作では物足りなく感じてしまいました。

ゲーム部分の評価はどうしてもそうなるわけですが、
少し見方を変えればVVはメインから外れた部分に凝ってるわけで、
メインの面白さとは少しずれるわけですね。
ヴァーチャル空間における3D美女とのHという、
その部分だけを追求したのが本作なわけです。
仮想空間そのものを感じさせようとする前作と、
女性との関係だけをピックアップする本作とでは、
一見似てるようではありますが、
実は求めているもののベクトルが異なるなと思うわけでして。
世界全体に配慮する暇があるなら、
とにかくキャラの構築に全力を傾けるというのも、
考え方としては十分にありなのでしょう。
これは突き詰めればADVとノベル系の違いとも同じなわけで、
ジョー・スパークスがADV的な発想とするならば、
マイク・セアンツは余計な部分を削ぎ主張したい部分だけを強調する点で、
ノベル系と似たような発想にあると思うんですよね。
私個人の好みからすれば圧倒的に前者なのですが、
今のアダルトゲームユーザーには後者の発想の方が肌に合うでしょう。
本作のコンセプトを今風に表現したのが、
例えばイリュージョンの『レイプレイ』とかであり、
今セアンツがゲームを作るならば、
そういうのが出来るように思いますね。

以前、『トータルディストーション』の記事を書きました。
本作はそれらと同じ95年の作品なわけで、
3作品は何れも違う会社のゲームではあるものの、
以前はReactor社で一緒だった者によるゲームという共通点を持っています。
そして3つの作品はストーリーの内容とかそういう狭い範囲ではなく、
もっと大きなADVのゲームの在り方のレベルで、
求めるものが異なってきています。
最先端の技術を駆使しつつ一時は一緒にゲーム作りをしていた者たちが、
求めるものの違いから違う道を歩んだわけで、
その違いがそれぞれのゲームにもハッキリと表れています。
これらのゲームを比較しだすとADVに内在する論点が幾つも出てくるわけで、
こういうのは今のアダルトゲームには欠けている視点ですからね、
個人的には非常に興味深いなと思うのです。
個々の作品には当然好き嫌いがあるわけで、
私もこの作品をとりたてて高く評価しているわけではないですが、
ADVの歴史を振り返る上ではとても重要な意味合いを感じるんですよね。

ランク:C(佳作)

Win95 ソフト VIRTUAL VALERIE2

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1232-cbd7504f
| ホームへ戻る |