XENON

XENON

『XENON ~夢幻の肢体~』は1994年にPC-98用として、
シーズウェアから発売されました。

『DESIRE』『EVE』『YU-NO』でお馴染みの、剣乃ゆきひろさんの作品ですね。

XENON01.png

<概要>


ジャンルはSF物のノベル系ADVになります。
選択肢を選ぶことでゲームが進行し、マルチエンディングとなっています。

本作はシナリオが複数用意されていて、
それぞれシリアス・コメディ・エロと異なる内容でした。

<感想>


面白いのは、異なるシナリオによって、
登場人物が役割を替えながら出てくることですね。

剣乃さんという人は、
複数のストーリーの見せ方について、
いろいろ模索していたように思われます。

『DESIRE』ではマルチサイトにより、
複数の視点から1つの物語を見ることで、
立体的に物語を構築しようとしました。

『EVE』では『DESIRE』でオマケだった切り替えるというザッピング要素を、
もっとゲーム内に取り込んできました。
これによって複数のストーリーの関連性を更に強めつつ、
ゲーム性を高めてきたわけです。

本作は『DESIRE』と『EVE』の間に発売された作品です。
『DESIRE』は1つの物語を複数の人物でって感じでしたが、
本作は複数の物語を同一人物でって感じで、
逆の方向性を進んだって感じでしたね。
EDがマルチエンディングなのも、対照的でした。
『EVE』が『DESIRE』の理念を継承した作品だとすれば、
『XENON』は分家し別の可能性を求めた作品と言えるでしょう。

『YU-NO』は1人の視点で結末も1つだけど、
その経過が複数に渡っていました。
即ち、『DESIRE』や『EVE』の派生版的側面を有していて、
同時にライターの主張が弱くなるというマルチEDに対する、
アンチテーゼ的作品だったのです。
もっともその『YU-NO』にしても、
ある意味『XENON』と対照的な方向を選んだ作品とも言えるわけです。

PC98時代の剣乃作品というと上記の3本の名前ばかりが有名ですが、
一連の剣乃さんの試みという観点からは、
本作もはずすことは出来ないんですよね。
ファンならぜひやってみるべき作品だと思います。

XENON02.png

とはいえ、じゃあ本作も上記3作に並ぶ傑作かと言うと、
必ずしもそうでもないんですよね。
代表作3本より知名度が劣るのも、当然ながら理由があるってことです。

本作は最初のシリアスなルートは面白かったのですが、
それ以外のパートはイマイチだったわけでして。
エロいパートなんてオマケみたいなもんですしね。
また、面白かったルートにしても、
他のルートの影響でボリュームに欠けていました。
どうしても全体的にこじんまりした印象が強かったんです。

<総合>


なので、全体の評価は代表作3本より劣るのも、
仕方ないっちゃぁ仕方ないですね。
しかし、数ランク下がるとはいっても、
もともとの比較対照が大傑作だったわけですので、
本作自体も十分に名作なんじゃないかなって思います。

まぁ、今やってもあまり面白く感じられないかもしれませんが、
ファンの人は比較するという観点から、
今からやってみても良いかと思いますね。

ランク:A-(名作)

3.5インチソフトXENON

DL版
suika

関連するタグ PC98 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1231-794b4785
| ホームへ戻る |