ゆめりあ

ゆめりあ

『ゆめりあ』は2003年にPS2用として、
ナムコから発売されました。

ナムコの本気を見た。
そう言わざるを得ないほど、驚かされたゲームでしたね。

ゆめりあ

『ゆめりあ』は端的に言えば恋愛ADVなのですが、
キャラが3Dで描かれている点が他と異なっていました。

もちろん、アダルトゲームとかでは毎年のように出てはいたのですが、
アダルトゲーム会社とコンシューマーの大手とでは、
やっぱり基本的な技術力が違うんですよね。
3Dキャラがぬらぬら動く様子は本当に圧巻で、
ここまで出来るんだって感心したものです。

個人的にはねねこでやられたって感じですかねw
あの可愛さは、この動きが伴ってこそでしょうし。

かように、演出関連は文句なしだったのですが、
他の部分はそれ程でもなかったですかね。
基本はノベル系の恋愛ADVで、
そこにちょっとしたSF要素とバトルが加わります。
普通には楽しめるのですが、良くも悪くも普通止まりなんですよね。

悪い言い方をすれば絵だけゲーとも言えるのですが、
そもそもADVは最先端のグラフィック技術の追求の歴史でもあったわけです。
いつの間にやらそうでなくなり、
今ではADVは大した技術を要しないみたいな風潮も強まっていますが、
昔は違ったんですよね。
古き良き・・・と言えるのかはわかりませんが、
最先端の技術を前にそんな昔のことを思い出してしまいました。
ある意味、原点に立ち返った作品なのかもしれませんね。

総合的には、グラフィックこそずば抜けているものの、
他は並かそれ以下ってことで名作に近い良作としておきます。
もっとも、上記のように明確な長所を有した作品ではありますので、
人によっては十分に名作になりうるでしょう。
この技術で素晴らしいストーリーのゲームが出来る日が来ると良いですね。

ランク:B(良作)

ゆめりあ

関連するタグ PS2 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1230-ac188fbc
| ホームへ戻る |