グラムキャッツ

グラムキャッツ

『グラムキャッツ』は1988年にPC-98用として、
ドット企画から発売されました。

普通は88版が早かったりするのですが、
本作は88版が確か91年と遅く、珍しいパターンかもしれません。

gramcats01.jpg

<概要>


ジャンルはコマンド選択式のADVになります。

古い作品ですので、まずはあらすじから。
ある日、主人公の浅見さやかは、
イーグルという秘密組織にさらわれてしまいます。
さやかは一見すると普通の女子高生なのですが、
実は猫に変身できる超能力を有しているわけでして。
さらった組織も連合地球防衛軍だとかで、
異星人から地球を守るためにさやかの助けが必要だったというわけです。
で、さやかは渋々ながらも、
異星人の拠点となっている学園に潜入し、
地球の平和を守るためにくわだてを阻止するべく頑張ることとなります。

以上が大まかな設定となりますが、
基本的には近未来を舞台にしたシリアスベースの学園物になりますね。

<グラフィック>


システム面及びストーリー面は、ごく普通の出来だったと思います。
この部分だけだったら、あまり記憶に残らないかもしれません。

本作の一番の特徴は、何と言ってもグラフィックでしょうね。
基本的なグラフィックのレベルも高かったですし、
キャラも抜群に可愛かったです。

それ以上にインパクトがあったのが、ちょっとしたアニメーションでした。
随所で立ち絵がアニメーションで動き、新鮮な感覚でプレイできたのです。

因みに、下の着替えシーンなんかも全て動き、脱いでいきます。
gramcats02.jpg

このグラフィック及び演出部分に関しては、
88年のアダルトゲームの中では頭一つ抜けていたのではないでしょうか。
88年のアダルトゲームのグラフィックの部門賞を設けるならば、
私はこれを選ぶかと思います。

というか、圧倒的でしたのでおそらくあまり異論はないでしょう。
あえて無理やりケチをつけるとすれば、
猫好き的には変身した猫の姿が可愛くないよってくらいなものでしょうし。

<感想・総合>


個人的には全体としては良作止まりかなって印象なのですが、
88年のアダルトゲームの中では上位にくる作品ではありますし、
この長所の評価次第では名作という意見も頷けますね。
いずれにしろ、
88年のアダルトゲームのグラフィックを振り返るという点では、
大きな意味を持った作品ではないでしょうか。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト グラムキャッツ

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/123-49a77825
| ホームへ戻る |