優子物語

優子物語

『優子物語』は1990年にPC-98用として、
ハート電子産業から発売されました。

主人公は小説家であり、
弟子入りしてきた優子を官能小説家として育てるのが目的となります。

優子物語01

<概要>


いわゆるハート電子の育成SLG3部作の2作目になります。

世間では育成SLGの元祖は1991年の『プリンセスメーカー』となっていますし、
総合的な視点からは、私もそれで合っているかなと思います。

しかし、コマンドによる数値変動を伴う、いわゆる育成SLG的な構造としては、
実はハート電子の『ぶりんぐ・あっぷ』の方が先だったりします。
まぁ『ぶりんぐ・あっぷ』を元祖と言って良いかは意見の割れるところであり、
その理由として、育成が目的になっていないのではというものがあります。

ハート電子の3部作も、作品ごとにゲームシステムが異なっていまして、
2作目の本作は弟子を小説家に育てることが目的となります。
従って、本作では完全に育成を意図したゲームになっているわけですね。
もっとも、本作は章ごとに異なるゲームシステムになっており、
コマンド選択式ADV+育成SLGという構造になっていました。
そのため育成SLGとは、これまた言えないことになってしまいますが、
とりあえず広い意味での育成ゲームではあったのでしょう。

小説家を育てる育成SLG。
今でも他に見かけない設定ですよね。
漫画家を育てるという『こみっくろーど』が98年にありますが、
少なくとも当時他になかったのは間違いないでしょう。

<ゲームデザイン>


ゲームは4つのミッションから成り立っていて、
1と3がコマンド選択式のADVで、2と4が育成SLGとなっています。
1と2はどちらからでも始められるのですが、
3と4は前のミッションをクリアしないとプレイ出来ません。

優子物語02

普通の育成SLGとの差を図るシステムとしては、
1日の最後に、優子がその日に書いた文章を閲覧するというものがあります。

育成次第で賞の受賞の有無とか展開も変わりますし、
「小説家」という題材を活かし他との差別化を図る要素もある。
こう書くと、何だかとっても面白そうな気がしてきませんか?
実際発想は凄く良かったと思いますし、
だから私はハート電子のゲームが好きなのだし、
きちんと作りこめばきっと大傑作になっていたと思うんですよね。
場合によっては、『プリンセスメーカー』が今有している栄光は、
全てこのゲームが持っていたかもしれません。

ただ、現実にはそうじゃないんですよね。
単に知名度が低いだけってのもあるでしょうが、
それを抜きにしてもゲームの作りこみが甘かったと思います。
やってて、凄く面白いとまでは思えないんですよね。
ハート電子、つまりは後のインターハートですが、
インターハートのゲームなら知っている人も格段に増えると思います。
どのゲームも設定上はいろいろやっていて、
プレイ前は何か面白そうに見えますよね。
でも、いざやってみると、
つまらなくはないけれど期待したほどには面白くないわけで。
(いや、本当につまらない場合も多いか・・・)
このメーカー、いっつもこんな感じなんですよね。
珍しい物好きの私は、期待しては裏切られを何度繰り返したことやら・・・
まぁそれでも、欠点が少ないマンネリ・テンプレゲーよりは、
よっぽど好きですけどね。

<感想・総合>


本作に関しては、絵も酷すぎて、
アダルトゲームであることがちっとも嬉しくありません。
多少ゲーム部分に難があっても、
可愛いキャラでエロがあれば許せてしまうのが、
アダルトゲームの良いところでもあるだけに、
利点を活かせなかったのは残念でした。

発想が良く、全体としても斬新な存在と言えただけに、
つくづく勿体無かったですね。
アイデアは抜群に良かったし、
珍しいから新鮮な感覚で普通には楽しめます。
なので良作と考えて良いと思いますが、
名作というには、ちょっと粗が多かったって感じでしょうね。
本当に惜しいゲームでした。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 優子物語

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1228-af1800a6
| ホームへ戻る |