東京魔人学園剣風帖

東京魔人学園剣風帖

『東京魔人学園剣風帖』は1998年にPS用として、
アスミック・エースエンタテインメントから発売されました。

求めていたものが具現化されたような、とても印象深い作品でしたね。

ゲームジャンル:SLG+ADV
majin01.jpg

<感想>


私はもっぱら非アクション系のゲームばかりやってるわけですが、
非アクション系のゲームとは言っても、
魅力的な要素はジャンルによって全然異なってきます。

歯応えのある戦闘や高い戦術性を楽しみたいならSLGが1番だし、
ストーリーやキャラを楽しむならADVが1番です。

ただ、当然と言えば当然ではありますが、
これらは別に排斥しあっているわけではありません。
複数のジャンルが混じり合ったって、何ら問題はないわけです。

だからこそ、素人的には単純に考えちゃうんですよね。
SLGとADVの長所が融合したゲームがあれば、
すっごく面白くなるんじゃないの?って。

その試みの一つが、『サクラ大戦』だったのでしょう。
本来ならば、当時の私が求めていたものズバリだったはず。
でも、残念ながらそれ程にははまれなかったんですよね。
ADVパートはまだしも、SLGパートが温すぎたもんですから。

そういうわけで別のゲームを求めていた所に出会ったのが、
この『東京魔人学園剣風帖』でした。

システムは単純に言えば戦術SLG+ADV。
いわゆるS・RPGのようなタクティカルコンバットシステムの戦闘と、
分岐要素もあるADVパートが交互に繰り返されるゲームでした。
基本的な部分は『サクラ大戦』と似ていますね。
もっとも、ゲームの難易度ややり応えは格段にこっちが上でした。
やり込み要素も十分でしたしね。
ああ~求めてたのはこれだよな~って、
これこそがSLGとADVの両方の持つ長所をいかんなく発揮した作品だと、
そう思えた作品でした。

とは言うものの、いくら完成度が増しても、
サクラ大戦と全く同じシステムだったら私はあまり評価しないでしょう。
基本的な部分が似ているから例として挙げたまでで、
個別のシステムが全く異なっていたから個性があるとして評価したのです。

具体的に見ますと、ADVパートの会話画面では選択肢を選ぶのではなく、
感情を入力する形式になっています。
これは同系統の形式としては『ノスタルジア1907』が挙げられるでしょうか。
後には、『ガンパレードマーチ』なんかにも受け継がれていますね。
そういうわけで必ずしも斬新だったわけではないけれど、
ノスタルジアはメガCDでしたから知らない人も多いはずなので、
結構新鮮に感じた人も多かったかと思います。
私は知っていたので斬新とまでは感じなかったものの、
まだ発展の可能性の秘めた素晴らしいシステムだと思っていたので、
本作で改良されたものをみることができたのは素直に嬉しかったですね。
またそれだけに留まらず、ADVパートでは他に分岐要素もあり、
トータルではかなり個性的に仕上がっていたのではないでしょうか。
一つ一つに先例があろうとも、
それらを複数組み合わせ、かつ上手に融合させたのならば、
それはもう一つの個性と言えますからね。

これまでシステム的なことばかりでしたが、
むしろ本作が人気を得た一番の理由は、
ストーリーやグラフィックから醸し出される雰囲気にあるかと思います。

ストーリーは伝奇ジュヴナイルとなっていますが、
PCゲーはまだしも家庭用ゲーム機でこうしたジャンルは珍しかったかと。
そのためゲーム機オンリーの人の場合だと、
かなり新鮮に見えたのではないでしょうか。
純粋なストーリー面ではそれ程でもないかなとも思いましたが、
珍しさで最後まで楽しめました。

そしてストーリー以上に雰囲気を醸し出していたのが、
小林美智さんの描くキャラにあったと言えるでしょう。
若干劇画調のデザインというのでしょうか、
こうしたタッチのグラフィックはゲームで見たことはありませんでした。
何とも強烈なイメージでしたね。
グラフィックを見ただけでもゲームに惹かれていったものです。

もうこのゲームも発売から10年が経っちゃいましたね。
10年と聞くと古いようだけど、まだまだ魅力は色褪せてないかと思います。
こういうゲームは他にないですから。
なので、今でもプレイする価値は大いにあるかと思いますね。

ランク:AA-(名作)

~東京魔人學園伝奇 人之章~ 東京魔人學園剣風帖繪巻

東京魔人學園伝奇

関連するタグ PS /ADV /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

AVG部分が、攻略本みないと難しいんですよね(^^;
葵とか、マリア先生とか、美里とか(ぇ
外伝(?)で男性キャラともエンディング迎えられましたけど、短かったのでぜひ帝都編では犬神センセーとイチャイチャできますように!
…いつ出るんだろうか(ノ∀`)

>>ピップさん
ADV部分の分岐はかなり難しかったですね~
攻略本なしに自力だけだったら、まず無理でしょうね。
個人的には王道ですが、葵、小蒔、紗夜が好きでした。
朧綺譚みたいなファンディスクでも良いから、
またやりたいものですね。

すいません、アンジーのとこでは名前入れ忘れてたみたいです。
これも好きでしたねえ。
キャラというより絵柄全体が濃いので一般受けするのかなあと思ってましたが杞憂でしたね。
だいぶ人気出ましたし、続編も出たし。
ただ、私はこれには満足しきれなかったんです。
というのも、ちょっとジュブナイルし過ぎだなあと思いまして。
読むのが恥ずかしい文章がけっこうあった。
システム的には面白かったし、よく練られてるなと思ったので、もうちょっと設定と文章頑張ってアダルトにしてくれないかなあ、と(私の年齢的な問題もありましょうが)。
そしたら続編で出た外法帖がズバリその通りの出来になっていて大喜びでした。
私はそっちの方が好きだったですね。
鬼道衆は完全に「おとな」対応だったのに対し、龍閃組の方は若干ジュブナイルっぽいんですが、それでも前作に比較したら充分に楽しめました。桔梗が好きだったなあ。
ヴォリュームもたっぷりでお値段以上に楽しみました。
最終話になる三作目の製作中止には失望しましたけどね…。

> ただ、私はこれには満足しきれなかったんです。
> というのも、ちょっとジュブナイルし過ぎだなあと思いまして。
> 読むのが恥ずかしい文章がけっこうあった。
これは、非常によく分かります。
ゲームのプレイ中は、これも一つの味だと思って楽しんでましたけどね。
今と違ってジュブナイルは少なかったですし。
ここまで清々しいくらいのジュブナイルがあっても良いだろうって感じで。
でも、世間でシナリオも評判になって小説も一杯出ていたけれど、小説の方は読む気になれませんでしたから。
もうジュブナイルはお腹一杯って感じになってしまいましたからね。
もうちょっと大人向けの内容であれば、食あたりもおこさず食べきったのでしょうけれど。
総合的な判断から傑作だとしていますが、やっぱりそこは気になってしまいましたね。
外法帖は2002年でもうPS2の時代になった中でのPS作品だったので、評判次第でプレイしようと思っていたら、あまり芳しくなかったので結局未プレイのままです。
でも、そういう内容なら私も楽しめそうですね。プレイしたくなってきましたよ。
ゲーム機のゲームの場合、シナリオの評判が良いからプレイしたら、あまりに子供っぽくて楽しめなかったというケースが多々あります。
子供向けだから仕方ない、お前は対象外だと言われればそれまでですが、どういう人の発言かをよく吟味しないと、評判から判断することも中々できません。
当時は外法帖をスルーしてしまったのだけれど、楽しめそうと分かりテンションも上がってきました。
貴重な意見、ありがとうございます。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1227-03114498
| ホームへ戻る |