機動戦士Zガンダム ホットスクランブル

機動戦士Zガンダム ホットスクランブル

最近の話題にはすっかりおいていかれてるし、
昔のこともかなり忘れてきているけれど、
当時は近所で一番詳しいガンダムマニアでした。

そうなるとガンダムのゲームってのにも、当然興味があるわけでして。
1986年にバンダイからファミコン用として発売された、
『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル 』も当然プレイしました。

機動戦士Zガンダム

発売当時の評価は、自分も友人もイマイチって感じでした。
このゲームは、ステージが前半と後半に分かれます。
前半は今でいうFPS(ファーストパーソンシューター)で、
簡単に言えば自分視点のシューティングになります。

このパート、コックピット視点なんでZの姿は全く見えません。
今ならパイロットになった気持ちになれると評価できるけど、
何せ当時は子供だったもので。
これ、別にZじゃなくても何でもいいじゃんって皆で馬鹿にしてました。
実際、キャラゲーとしては駄目でしょう。

また、突然ゲームが始まるから何をしていいかサッパリ分からないし…
今も昔も、何をしていいか分からないゲームって叩かれやすいですからね。

後半は要塞に入って、横スクロールアクションになります。
このモード自体はわりとよく出来てたかもしれません。
(キュベレイは鬼だったけど)
ただね、原作と全然違うじゃんよ、Z関係ねぇ~ってなるわけでして。

冷静にゲーム部分だけを見れば、
それなりに良くできてたのかもしれません。
しかしZのゲームとしては、
少なくとも子供が喜ぶ要素は皆無でした。
だから長らく糞ゲー扱いだったんでしょうね。

一度は糞ゲー扱いにはなったものの、
一人だけ嬉々として続けていた友人がいました。

その友人の影響で私も再度やり直したんですが、
このゲームって音楽はZのテーマが使われてて凄く良いのですよ。
なので我慢してやってると、段々その気になっていくんです。
何か中毒っぽくて、妙にはまるんですよね。

慣れるまでに時間がかかるけど、
我慢してやってると意外と中毒性の高いゲームでした。
トータル的に見ると、結構楽しんだんじゃないかと思いますね。

今は携帯でもできるみたいです。
潜在的な需要は意外とあるってことなのかな?

機動戦士Zガンダム

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ
ファミコンでこんな綺麗な映像が出せるとは思いませんでした
スペースハリアよりも綺麗に見えます
音楽が同じなのもいいですね

こんにちは。
原作の主題歌で心地よいサウンドに、派手に動き回るグラフィック。
本当に中毒性のある作品でした。
「スペースハリアー」も懐かしいですね。
アクション系は下手糞なんで、もっぱら友人の後ろで眺めてるばかりでしたけど。
こういう類のゲームの上手い人を見てると、
つくづくすげぇな~って思ったものです。

はじめましてZガンダムのEDとファミコンのサウンド意外に良いですね当時の懐かしさを思い出します。つくづく良い時代だったなぁと思います。

>>tokuya33さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
>当時の懐かしさを思い出します
そうなんですよね。
このゲームのプレイ画面を見ていると、昔を思い出して凄く懐かしい気分になれるんです。
単純な画面なはずなのに、ついついいつまでも見てたりしますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1221-135ec60f
| ホームへ戻る |