クリスチーヌ

クリスチーヌ

『クリスチーヌ』は1986年にPC-88用として、
PSKから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

christine01.jpg

<感想>


PSKはパソコンショップ高知の略でして、
ここは80年代前半に活躍していたアダルトゲームのブランドでした。
っていうか、80年代前半のアダルトゲームって、
ロリ(むしろペドか?)の印象が強いわけでして。
その印象にはこのブランドが大きく貢献していたのです。
好きか嫌いかはともかく、
当時を語る上で絶対に外せないブランドだったわけですね。

そういうわけでPSKと言えばロリゲーなわけですが、
本作もその流れをくんだADVと言えるでしょう。

さて、ジャンルはコマンド選択式のADVで、
ストーリーは石になった彼氏を救うべく、
彼女が奮闘するというもの。

普通逆じゃね?って気がしないでもないですが、
そこはまぁ、良しとしましょう。
むしろ今っぽいので、或いは時代を先取りしていたのかも。

問題は、そもそもあまり面白くないってことですね。
ストーリーもゲーム性も並かそれ以下でしょう。
グラフィックなんかはいまだに瞬間表示でなく、
その都度画面上で描いていますし。

出来としては、凡作と言われても仕方ないとも思えます。
ただ、その一方で、1つだけ面白い試みもあったわけでして。

というのも、本作は最初のロードするか否かの選択場面で、
YでもNでもなくHを押すことにより、裏モードに行けたのです。
そこでは専用のCGも用意されて、
通常モードより過激な展開が待っていたんですよ。

これは良いアイデアだと思いましたね。
例えば『かまいたちの夜』でいうピンクのしおりの様に、
隠しでHな要素があるってのには、
ついつい惹かれてしまうものがあると思いませんか?
私は立ち絵の全裸モードがあるゲームなんかも大好きなんですが、
せっかくのアダルトゲームなんですからね、
それくらいのサービスやお遊びはあっても良いと思うのですよ。

裏モードのおかげで普通には楽しめましたので、
総合では佳作ってところでしょうか。
まぁ、まだアダルトゲームにまともな物がほとんどない時代ですからね、
全体では佳作とは言っても、
当時のアダルトゲームの中では上位にくる作品ではないでしょうか。
それだけにインパクトは結構あった作品でもありました。

ランク:C(佳作)

PC-8801ソフト CHRISTINE クリスチーヌ

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/121-df1bb93e
| ホームへ戻る |