キング オブ キングス

キング オブ キングス

『キング オブ キングス』は1988年にファミコン用として、
ナムコから発売されました。
尚、制作はアトラスになります。

ゲームジャンル:SLG

キング オブ キングス

88年にはファミコンでも様々なSLGが出てきたものですが、
本作もその中の1本になります。

ジャンルとしては、基本的には戦略SLGになるのでしょう。
ただ、各ユニットにはレベルがあり、成長させることができました。
そういう意味ではRPGっぽくもあり、
戦略SLG+RPGという両方の要素が加わった、
SRPGと言うこともできるのでしょうね。
もっとも、いわゆるSRPGはタクティカルコンバットに育成要素の付いた、
つまり戦術SLG+RPGのゲームを指しますので、
このゲームをSRPGなんて言う人はいないのでしょうけれど。

かように戦略ものと育成ものの両方の性質を有していたわけですが、
この手のゲームは大味になるものも多いです。
つまりバランスを図るのが非常に難しいのですが、
本作はバランス調整が抜群だったんでしょうね。
何度やっても、とても楽しくプレイできたものです。

またシステムだけでなく、
戦略SLGには珍しいファンタジー世界が舞台ということで、
更に新鮮さが増していました。

まぁ、何と言いますか、
この手のゲームは評価が難しいところがありまして。
いや、上記の部分だけで十分に名作ではあるのですが、
ゲーム単体で傑作と呼べるほどには突出していないんですよね。
だから普段の評価では点数が伸びにくかったりもします。

でも、私は他の傑作作品並にこのゲームが好きだったわけでして。
というのも、本作は友達と対戦ができたのですよ。
対戦できるSLGは珍しいですし、盛り上がった分だけ思い出にも残ります。
それ故に印象深くもあるわけですが、
それは友達がいたからこその結果なわけであり、
ゲームの良し悪しとは関係ないですからね。
だから点数には反映できないのですが、
好きという気持ちにはかわりはないわけで、
点数以上に好きな主観点で判断すれば最高に近い作品でしたね。

ランク:A-(名作)

キング オブ キングス

関連するタグ ファミコン /SLG /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1208-15df2c2b
| ホームへ戻る |