腐り姫 ~euthanasia~

腐り姫 ~euthanasia~

『腐り姫 ~euthanasia~』は、
2002年にWIN用としてライアーソフトから発売されました。

ライアーソフトの作品の中では、個人的に最も好きなゲームでしたね。

腐り姫

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
一風変わった作品を数多く手掛ける‘ライアーソフト’の
第六弾ソフトとしてリリースされた本作は、
インモラルAVGと銘打たれ、背徳的なエロスと、
伝奇的なストーリーを巧みに組み合わせたアドベンチャー作品。
ゲームの期間は主人公が生まれ故郷に帰省してからの四日間。
主人公は、その期間、自分を取り巻くキャラクターたちと触れ合いながら、
失われた記憶を取り戻そうと苦悩する。
そして、主人公の失われた記憶が全て蘇えったとき、
本当の真実が浮かび上がる……。

<感想>


2000年以降のアダルトゲームは、
専らノベルゲームが主流となっていきました。
もっとも2001年までと2002年以降では、
大まかな傾向が異なる気がします。
それまでのいろんな要素を詰め込む大作思考から、
一点重視・属性重視に変わったと感じるのです。
そういう意味で大作思考の作品が好きだった自分には、
不本意な傾向が続いている気がしますね。

この年、もう一つ個人的に転機となったことがあります。
それまではシナリオ中心のゲームに関しては、
ラストで盛り上がったゲームを評価する傾向にあったんです。
しかし、例えラストが盛り上がったとしても、
それまでの長い間ずっとつまらない作品は評価に値するのでしょうか。
逆に、ラストでこけてもその過程の長い時間楽しめたのなら、
それはそれで評価してよいのではないでしょうか?
2002年の作品にはこの落差が激しいゲームが例年よりも多く、
しかも前者に該当する作品が多かったのです。
それでどう判断するか困ってしまったり。

そんな中で、『腐り姫』は後者に該当する作品でした。
ラストが盛大にこけたんで、当初はそれほど良いとは感じなかったんです。
しかし、途中までは最高でした。
よく雰囲気が良いゲームって表現がありますが、
これはまさにそれなんですよね。
あれこれ考えるよりも、肌で感じろってとこでしょうか。
OPを見てそれで何かを感じたなら、 きっと値段分以上は楽しめるはずです。

そしてプレイしてから何年か経って、時々思い出されるのです。
あ~『腐り姫』みたいな作品がやりたいなと。

2時間もない映画と、 20時間近くかかるノベルゲームでは事情が異なります。
例え最後の30分がこけても、
それまでの10時間以上もの間最高に楽しめたのならば、
それは名作と考えて良いのではないでしょうか。
このゲームをプレイして真っ先に考えたのは、そういうことでした。

さて、少し中身を見ていきますが、グラフィックは極めて個性的でした。
主流の萌え路線とは異なるのですが、
ゲームの雰囲気にはとてもあってましたね。

パートボイスだったけど、音楽も秀逸でした。
いかにも伝奇物って感じで、ピッタリでしたね。

シナリオ展開と相まって、雰囲気ゲーとしては本当に最高でした。

それと、ここは賛否分かれる可能性はあるのですが、
本作はシリアスな物語の章と章の間に、
「盲点」と呼ばれる笑点に似たヒントモードが入ります。

シリアスな雰囲気ぶち壊しと考える人はOFFもできますけどね。
自分としてはぜひ見てもらって、
本編とのギャップを楽しんでもらいたい気がします。
このギャップこそが、ある意味最大の特徴のような気がするんですよ。

とにかく、途中まではとても楽しいものでした。
それだけにラストのぶっとび具合は残念だったんですけどね。
それでも極端なラスト重視主義でない限り、
伝奇・近親物好きはきっと楽しめるのではないでしょうか。

ランク:A-(名作)



ダウンロード版
腐り姫

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

今二万円以上してますね。電波作品としてのくくりに入った模様。
自分はオカルトちっく目当てでプレイしてました。
「絵がいまいちー」とか思いながら。
おもしろかったかど「さよならを~」とともに「そんなに?そんなに?」感が…
当時はともに注目されてなかったので。

伝奇じゃなくて、電波ですかw
ある意味、そっちの方が正しいかもですね。
自分も本編だけなら、それ程って気もしますけどね。
何か無性に盲点がツボにはまったみたいで。
ギャップってのが好きなもんでね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1202-b2bccc5f
| ホームへ戻る |