レッスルエンジェルススペシャル

レッスルエンジェルススペシャル

『レッスルエンジェルススペシャル もうひとりのトップイベンター』は、
1994年にPC98用として、グレイトから発売されました。

シリーズ通算4作目であり、今回は外伝的作品になります。
またオリジナル作品としては、PC-98では最後となったゲームでした。

ゲームジャンル:SLG
wasp01.jpg

<感想>


前作の3は経営SLGの要素が加わった反面ストーリー要素がなくなり、
SLGとしての色合いが非常に濃いゲームでした。
しかし今作はカードバトルとストーリーモードという、
2までの路線に戻りました。

つまりシステム的には前作の方が番外編っぽくもあり、
今作の方が続編っぽくなっています。
しかしスペシャルというタイトルにあるように、
シナリオの面で今回はちょっと外伝或いは番外編っぽくなっています。
具体的には、これまでは新日本女子プロレスが舞台だったのですが、
今回はブレード上原率いる太平洋女子プロレスという、
小さな団体の練習生が主人公となります。

基本は2と同じ路線なのですが、システム面は若干改良されています。
ストーリーの分岐も2ではオマケ程度だったのですが、
今作では序盤の海外遠征先をどこにするかの段階から変わってきます。
因みに、カルガリだとむとめ、ヨーロッパだとちだねという感じで、
お馴染みのキャラたちも出てきます。

3で廃止された水着はぎデスマッチも復活しましたしね、
2路線を望んでいた人には嬉しい作りと言えるでしょう。

まぁ、何であれファンなら十分に楽しめるでしょうし、
完成度も作品ごとに高まっていますので、
文句なしに良作だとは言えるでしょう。
特に2の路線を望んだ人には待望の作品だったかもしれません。

だからあくまでも個人の考えとなるのですが、
システム的にはどうしても2のマイナーチェンジの印象が強すぎるわけで、
本作ならではの特徴というのには少し欠けていたかと思います。
94年はアダルトゲームが豊作な年でもありましたしね、
それらの個性豊かな作品群の中にあっては、
外伝のマイナーチェンジ作は影が薄く感じちゃいましたね。
贅沢な話かもしれませんが、名作というにはもう一つ何か欲しかったです。
何を重視するかでも変わるのでしょうが、
完成度を重視するなら十分名作足りうるけれど、
個性を重視するなら少し物足りないってところでしょうか。

結果的にはこれが98本編のレッスルとしては最後になってしまったわけで、
カードバトルや分岐の完成度では今作が一番と言えるかもしれません。
インパクト重視な私の観点からは良作止まりになってしまいますが、
その完成度はファンならきっと満足できるはずですし、
レッスルシリーズの完成形として一見の価値はあると思います。
そういう意味では、
ぜひやってもらいたい中の1本と言えるのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

レッスルエンジェルス スペシャル<br />

関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1201-990bfd51
| ホームへ戻る |