KISS

KISS

『KISS』は1992年にPC-98用として、アンジェから発売されました。

元祖恋愛ゲーとでも言いましょうか。
現在の恋愛ゲーにとって必須ともいえる、
ヒロインごとの個別エンドを初めて実装した作品でした。

kiss01.jpg

<概要>


ゲームジャンルは基本的にはコマンド選択式のADVになるのですが、
後述するように随所にアレンジが加えられていました。

ストーリーは学園恋愛ものになります。

本作が発売されたのは1992年であり、
同じ年には『同級生』が発売されています。
『同級生』にも個別エンドはあるし、知名度も『同級生』の方が上なのでしょう。
そのために個別エンドと言うと同級生からという印象を持たれがちなのですが、
発売日はこちらが先ですからね。
なので、元祖というならこっちになるんでしょうね。

<グラフィック>


さて、『KISS』における特徴の最たるものは個別エンドなのでしょうが、
それだけだったら後世に名は残らないわけでして。
このゲームは結構根強いファンが多いですからね。
当然ながら他にも魅力が詰まっているわけです。

その一つがグラフィックなのでしょう。
ヒロインらが可愛いのは当然として、
淡い感じのグラフィックが非常に珍しかったですね。
一見しただけで他とは違った印象を抱かせ、
とても興味をそそられたものです。

<ストーリー>


上記のように学園ものであり、
具体的には女子高との合同文化祭の許可を得るために、
主人公は生徒会役員らの女の子を探すことになるというものです。

ストーリーそのものに関しては特別変わった物でもないのでしょうが、
今の様に学園ものだらけという時代ではなかったですからね。
学園を舞台にした恋愛ゲーはまだまだ少ない時代だっただけに、
本作の様な設定というだけで新鮮さを有していたものです。

それからテキストも、上手く説明できないのですが、
独特な雰囲気がありました。
エロシーンも良く出来ていたと思うし、
これはライターが上手かったんでしょうね。

というわけで、テキストとグラフィックが共に独特な雰囲気を醸し出し、
両者が相まって更に強烈な個性を放っていました。
本作が支持を受けるのは、
実は個別エンドの有無なんて形式的な面だけではなく、
こうした実質的な内容にあったのだと思うのです。

ただ、このゲームはヒロインの非処女率が高いんですよ。
当時のユーザーは気にしない人が多かった(?)から良かったけど、
仮にリメイクされても今のユーザーにはどうなのかなって思ったりも。
ここら辺の設定には、時代の流れを感じてしまいますね。

<ゲームデザイン>


次にシステムはマップ上から移動先を選択し、
移動先ではコマンド選択式のADVになります。
もっともヒロインを口説くシーンではノベルゲーのような選択肢の連続になり、
誤った選択をすると好感度のメーターが下がってしまうので、
ここは結構緊張感があって良かったです。

それと、マップ上に噴水とか小物が描かれているのですが、
これらをクリックすると動きや反応があったりして、
そういう細かな遊び心が嬉しかったものですね。

つまりベースとしてコマンド選択式の要素がありつつも、
マップ選択&画面クリックの要素があり、
ノベルゲーのような選択肢の連続がありと、
状況に応じて相応しいようにシステムが変わったのです。
必要と思う所に、必要だと思う要素を取り入れる。
こういう風に場面に則した対応がなされているゲームは、
私は高く評価したいですね。
近年の読むだけの作品は少し見習うべきでしょう。

<感想・総合>


本作の難点をあえてあげるとすれば、ボリュームがそれ程でもないことと、
それとも関連してややあっさりしていることでしょうか。
もちろん、当時の水準以上は十分にありましたけどね。
ただ大作ってイメージの『同級生』とかと比べると、
どうしても小粒な感覚だけは否めなかったかなとは思います。

今日に続く個別エンドを初めて実装したゲームにして、
アンジェの最高傑作。
アダルトゲーム史に名を残す名作であることは間違いないのでしょう。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフトKISS

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1200-0db71885
| ホームへ戻る |