ブランディッシュ

ブランディッシュ

『ブランディッシュ』は1991年にPC98用として、
日本ファルコムから発売されました。

フルマウスオペレーションで話題になったARPGで、
98時代のファルコムの代表作の1つですね。

ブランディッシュ

ブランディッシュはリアルタイムのARPGになりますので、
本来なら私の守備範囲外なんですけどね。
それで最初は食わず嫌いで敬遠していたのですが、
事実上の4作目である『ブランディッシュVT』をプレイして、
ブランディッシュって面白いなと思ったわけでして。
それで初代もプレイしてみようと思って後にやってみた作品でした。

ゲームはフルマウスオペレーションということですので、
全ての動作がマウスで行えます。
また動くとオートでマッピングされることもあり、
非常にプレイしやすい印象を受けました。

画面は主人公の姿を斜め後ろから見下ろすトップビューで、
向きが変わると視点も一緒に変わるタイプでした。
そのため、プレイヤーからは背後の様子がわからないので、
自分が本当にそこにいるような緊張感が常に保てたわけです。

前述のように私はクォータービューのVTを先にやったのですが、
操作の感覚は全然違いますね。
VTは初代からのファンの間では賛否分かれたように記憶していますが、
初代のシステムに慣れその魅力に取り付かれた人ならば、
VTが合わないという気持ちも分かる気がします。

ブランディッシュはシナリオ自体は結構希薄だったこともあり、
RPGはストーリー命という人には合わない可能性が高いです。
でも、ストーリーが薄い分、ダンジョンの謎解きが充実していました。
RPGの謎解きものの中では秀逸な作りだと思いますし、
アクション部分が苦手な私は、
この謎解きで主に楽しめたように思います。

本来は守備範囲外ということでランクは表記しませんが、
この当時のARPGを代表する一本であることは間違いないでしょう。
ARPGに関しての私は、本当に下手の横好きみたいに下手糞なのですが、
それでも面白いなと思えた作品でしたね。

ブランディッシュ

関連するタグ PC98 /ARPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1193-db4eed76
| ホームへ戻る |