テイルズ オブ デスティニー

テイルズ オブ デスティニー

『テイルズ オブ デスティニー』(TOD)は1997年にPS用として、
ナムコから発売されました。

ナムコの代表作であるテイルズシリーズの2作目になります。

テイルズ オブ デスティニー

システム的にはアクション要素の加味された戦闘だったりで、
いわゆる普通のRPGとは異なります。
ただ当時はまだマイナーだったテイルズシリーズも、
今ではすっかり有名になりましたからね。
大まかな路線などは共通する部分も多いですので、
ここでは思い切って割愛します。

さて、本作の購入動機は単純で、ファンタジア(TOP)が面白かったからです。
両者のストーリー上のつながりはないですが、
同じテイルズシリーズですから当然比べたくもなります。

で、まずはプレイ直後の感想ですが。
一言で表現すると、「出がらし」だなって思ったんですよ。
欠点らしい欠点もなく、基本的には良く出来ているんです。
ただ、前作と比べた場合に、どの部分も前作より劣って見えたわけです。
本作でもオマケだの細かいシステムだのいろいろ付加されていますが、
ファンタジアでやりつくして燃え尽きた残りかすみたいなイメージでね。

なので当時、プレイする価値ある?みたいなことを友人に聞かれて、
基本的には良く出来ているから暇ならやっても損はないけど、
ファンタジアだけで十分じゃんって答えた記憶があります。

ただ、印象というのは時を経ることで変わる場合もありまして。
細かい部分まで見ると本作はTOPの劣化版にしか思えないのですが、
細かい部分って次第に忘れますからね。
TODはOPは凄く良かったし、世界観とかキャラとか、
結構他にはない雰囲気があった作品だと思うのです。
なので、時々ふと妙に懐かしく思えてくるのですよ。

これはTOPとは逆ですね。
TOPは隙のない作りでプレイ時は面白かったのですが、
あまりにもオーソドックスすぎるんです。
時が経って多くのゲームをやっている内に、
次第に忘れていくんですよね。

確かにプレイ直後の印象ではTODよりTOPの方が上に感じたんです。
しかし今思い出すことが多い作品、
印象に残っている作品はどちらかと聞かれると、
断然TODの方なんですよ。

そういうわけで、何とも不思議な作品でしたね。
ランク的には良作なのですが、
プレイ直後の印象なら佳作に近い良作でした。
逆に今なら名作に近い良作といった感じでしょうね。

ランク:B(良作)

テイルズ オブ デスティニー

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ファンタジアより劣化してしまったと感じるのは、
ファンタジア制作直後にナムコとスタッフのいざこざにより、
ゲームデザインの則本真樹さんとシナリオの五反田義治さんが
トライエースに行ってしまったのが原因かもしれませんね・・・。
と、いっても最初こそは順調だったトライエースも最近はパっとしていませんので、
なんとも寂しい気持ちであります。

あれ?おにぎりさんと言うのは、前のブログでもコメントしていただいたおにぎりさんと同一と考えて良いのでしょうか(別人だったらすみません)。古い方のブログもまだ存続自体はしていますが、あの頃から馴染みのある人も少なくなってきたものですから。ふと勝手に懐かしく思えてきたり。
この場合、ゲームデザインの則本真樹さんがいなくなったことが大きかったということなんですかね。
TODのゲームシステムもストーリーの設定も好きなのですが、全体のバランスであるとか、やり込み部分というかオマケというか、微妙なところでひっかかりを感じてしまったんですよね。
当時はTOPのメインが抜けてトライエースができたのだから、もうテイルズは駄目だろ、期待するならトライエースだろとも思ったのですが、今見るとトライエースの方が微妙になってきて、テイルズは着々とブランドイメージが出来上がっているわけですから、何とも不思議なものです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1190-8e376380
| ホームへ戻る |