サイレントメビウス

サイレントメビウス

『サイレントメビウス』は1990年にPC-98用として、
ガイナックスから発売されました。

サイレントメビウス、周りでも好きな人が多かったですね~
ってか、調べたら知らない間に完結していたんですね。

SMEBIUS03.jpg

麻宮騎亜さんの漫画は好きでよく読んでたけれど、
どれも途中のまま終わらないし、次第に忘れちゃうのですよ。

一番の代表作はこの「サイレントメビウス」なんだろうけれど、
何気に「聖獣伝承ダークエンジェル」にも期待していたんですけどね。
いや、主人公はどうでもいいのですが、
清がとにかくツボだったもので。
結局最後はどうなったのかな?

まぁ、今回はサイレントメビウスなわけですが、
もちろんサイレントメビウスも好きなわけでして。
キャラでは主人公の香津美は当然のこととして、
彩弧由貴も凄く好きでしたね。
特に喫茶店のオーナーとのエピソードは、
作品の中でも一番のお気に入りでした。

本作はそのサイレントメビウスをゲーム化したもので、
東京上空にあの「タイタニック号」が出現します。
これが妖魔の仕業であると判断したことから、
主人公とAMPのメンバーがその捜査に乗り出すことになるわけです。

定価14800円。
何とも強気なガイナックス価格でしたが、売れましたね。
そして評価も高かったです。

SMEBIUS02.jpg

一番の特徴は、何と言ってもグラフィックでしょう。
当時としてはずば抜けて綺麗でした。
見てるだけで楽しくなる、そんな作品でしたね。

ただ、冷静に見ればストーリー自体はわりと普通だったように思います。
ジャンルはコマンド選択式のADVなのですが、
これも他のADVと大して変わらないですし。
サイレントメビウスにタイタニックというツボな設定に、
随所で加わるアニメーションの勢いに、
一気に持っていかれたってとこなんでしょうね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト サイレントメビウス

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1184-5f241911
| ホームへ戻る |