ロストカラーズ

ロストカラーズ

『ロストカラーズ』2004年にWIN用として、
自転車創業から発売されました。

個人的には自転車創業の中で最も好きな作品になりますね。

ロストカラーズ

頭を使うADVって、めっきり減りましたよね。
ってか、ADV自体がもうほとんど絶滅してる気がします。

広義の意味では、アダルトゲームを中心に数多くありますよ。
でも、自分は以前述べました。
ノベルとADVは構造からして違うんだよと。
今のアダルトゲームはノベルか、
或いはADVのレイアウトを利用したノベルのどっちかなんですよね。

だからアダルトゲームをみてみても、
近年では本来のADVと呼べるものは数えるほどしかないわけです。
もう、絶滅危惧種もいいところなんですよ。

そうした状況下にあって『ロストカラーズ』を発売した自転車創業は、
数少ないADVを作り続けているブランドなのです。

面白い事に、画面のレイアウトはノベルゲーなんですよね。
だから画面を見ただけの人はきっとノベルゲーと思うでしょう。
でも、プレイすれば分かる筈。
ああ~、この感覚は昔のADVと同じだなってね。

昔の~って言っても、ただ単にコマンド選択式ってんじゃないですよ。
くどいけど、このゲームの基礎はノベルスタイルですから。
コマンド入力式や海外のADVのように、頭を使うって意味です。

最近の読むだけのADVにはついてけないよ、
昔のADVは面白かったな~って、古参のADVファンの方々。
もし自転車創業のゲームをまだやってないならば、
ぜひともやってみる事をオススメ致します。
きっと昔感じた熱い感覚を、
懐かしさと共に思い出すはずですから。

ところで自転車創業の作品には、どれもANOSと呼ばれるシステムがあります。
これは簡単に言うと『YU-NO』のADMSに近いもので、
過去の任意の場所に巻き戻すことができるわけです。
このANOSも、ロスカラで3回目。
段々と洗練されてきてます。
言葉を記憶してそれを利用するなど、独自の進化を遂げてるんですね。
だから、『YU-NO』でADMSにはまり、
またあんなシステムで遊びたいって人には絶対にオススメかと思いますね。

またこのゲームの画面は基本的に白黒です。
手抜きではありませんよ。
物語上の世界設定で、色のない白黒の世界となってるだけですから。
こうした世界の理由は、ゲームのラストで解明されますけどね。
この世界観がとても雰囲気があって好きでしたね。
数ある自転車創業の中で、これを一押しする理由の1つがそれですから。

加えて、これ以前の自転車創業のゲームは、
他と変わらない普通の値段だったんです。
でもこのロスカラからは、最初から2800円の低価格でした。
自転車創業のゲームはそんなにボリュームが多いってわけでもないので、
フルプライスはコストパフォーマンスが悪くも思えました。
しかし2800円になった事で、その問題も解消されました。
むしろ、おつりがくる位です。

低価格で他のゲームにはない個性を体験できる。
こうしたゲームはそうはないですよ。
ぜひともやってもらいたいです。
本来のADVを普及させる意味でもね。

ただ、最後はヒロインとくっついてめでたしめでたしじゃなきゃ駄目な人。
そういう人だけは、避けた方が無難かもだけど・・・

ランク:A(名作)

ロストカラーズ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1180-a0881b0a
| ホームへ戻る |