ヴィーナス&ブレイブス

ヴィーナス&ブレイブス

『ヴィーナス&ブレイブス~魔女と女神と滅びの予言~』は、
2003年にPS2用としてナムコから発売されました。

ジャンルは一言だとRPGになるのでしょうね。
とはいえ、ローテーションバトルの存在によって、
戦闘はかなり個性的なものになっています。

ヴィーナス&ブレイブス

ローテーションバトルはパーティに前列・中列・後列の区分があって、
これをローテーションして戦うシステムです。
これは、言葉での説明より動画か何かを見てもらった方が早いですかね。
長くなりそうなので細かくは割愛します。

このローテーションバトルは、
もともとは『7 ~モールモースの騎兵隊~』で使われていたものです。
ストーリー的には関係ないけれど、
システム的な面で本作は『7』の続編になりますから。

PS2の時代になってからアクション系が盛んになって、
RPGでもアクション要素を導入する流れが強まっていきました。
その反面、じっくり考えるゲーム、
思考力を問われるゲームは減ってしまいました。
戦術性を試されるRPGも減っていきましたしね。
アクション好きならそれでも何ら問題はないのでしょうが、
私のようなアクションは苦手だけど考えるのは好きってタイプには、
プレイしてみたくなるシステムが減っていったのですよ。
そういうことも含めると、
PS2オリジナルの作品で思考力を問うシステムってだけでも、
これは高く評価したいですね。

もっともそういう背景事情は抜きに考えても、この戦闘は楽しかったですね。
楽しい上に奥深く、凄くはまれるシステムかと思います。
考える要素と運の要素の割合が絶妙で、
難しすぎず易しすぎずとてもバランスが良かったです。
普通のRPGのようにレベルを上げれば何とかなるっていうものでもないので、
その点も高く評価したいですね。
久しぶりにシステム重視のRPGにのめり込みましたよ。

ここまでシステムが凄かったことだけを書いてきましたが、
前作より本作が評価されている理由としてストーリーの存在があります。
本作はストーリー、特にラストの展開が秀逸だったのです。
PS2のRPGでストーリーの良いRPGは少ないので、
その点からもポイントは高いですね。

ただ、ちょっとだけ補足しておきます。
確かにストーリーは良いのですが、
それだけでストーリー重視派の人が飛びつくのは少々危険なのかなと思います。
ところどころでおかしい所はあるし、
主人公は長年生きてきたわりには・・・?って違和感を感じることもあります。

また、世代交代で次々に人材が代わっていきますからね、
構造的にも濃いストーリー展開は無理なのです。
ちょっとしたセリフから後は妄想でカバーできる人には問題ないのですが、
そうでない人は期待したほどじゃないなって感じるかもしれません。

加えて、ゲーム全体ではシステムの占める比重が非常に大きいので、
ストーリーだけを求める人にはシステムがつらく感じるおそれもあります。

あくまでも本作はシステムを堪能するゲームであり、
ストーリーやキャラはおまけ程度に添えられてあるもの。
そして、ご褒美として最後にちょこっと感動できる要素もある、
そんな風に捉えるのが正しいのだと私は思いますね。

グラフィックやサウンド等の演出面は、
随所でセンスの良さをうかがうことが出来ます。
OPを見てもらえれば、
それだけでもセンスの良さは伝わってくるのではないでしょうか。
ただ、センスは良いと思うのですが、基本的に控えめで地味な作品です。
なので、そっち方面にも過度の期待は出来ないでしょう。

総じて、システム面は突出して良いけれど、
他はそれほど長所とはいえない作品だと思います。
RPGに何を求めるのかによっても楽しめるかは変わってきますが、
考えさせてくれる斬新なシステムを求めている人には、
本作はぜひともやってもらいたい作品だと思いますね。

ランク:A-(名作)

ヴィーナス&ブレイブス

関連するタグ PS2 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これも大好きでしたよ~
PS2のソフトではいちばん好きだったかな
劇伴や演出のそこかしこにセンスが感じられた作品でした
今はこういうハイセンスを感じさせられるゲームってないですよね
システムやキャラに少しクセがあるから誰にでも奨められるゲームってわけじゃないですけど、デモを見て気に入った人はとことんはまるでしょうね
難点はストーリーモードでも移動がけっこう大変で、すぐにゲーム内時間が経過しちゃうこと
このコツを掴むまでが苦労で、わからないままやってるとすーっと行ける道となかなか進めない進路がよくわからないから予定通りに本拠へ戻れないこともしばしばだった
でも楽しかったなあ、キャラも好きでしたよ

> 劇伴や演出のそこかしこにセンスが感じられた作品でした
> 今はこういうハイセンスを感じさせられるゲームってないですよね
こう感じられる方がいて、私も嬉しいですね。
センスが良いとか悪いとかって、こういうところで書くと無駄に反感を買うこともあって書きにくいものですから。
でもやっぱり率直な感想としては、
随所にセンスの良さがにじみ出ていて良いなぁこれってことなんですよね。
プロデューサーの川島さんはWiiでFRAGILEを作ったりしているみたいですが、もっといろいろ作ってもらいたいですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1179-5edadce1
| ホームへ戻る |