To Heart

To Heart

『To Heart』は1997年にWIN用として、
leafから発売されました。

萌えゲーブームに乗っかり、
リーフを人気メーカーに押し上げた代表作でしたが・・・

To Heart

ジャンルはノベル系のADVになります。
・・・が、ちょっと変則的ですね。
画面全体に文字を表示させるということで、
リーフではビジュアルノベルを名乗ったみたいです。

しかし、いわゆるノベルゲームとは異なり、
かなり場所移動の要素が含まれています。
そのためプレイ感覚としては、マップ上から移動先を選択するタイプの、
当時比較的多かったパターンのゲームに似ているのかなと。

そういう意味では、純粋に読むだけのノベルだった『痕』よりも、
『To Heart』の方がADVに近付いた感じです。
次のホワルバではその傾向が更に顕著になりますが、
実際には本作の時点で既に方針転換の兆候があったということですね。

さて、本作はいわゆる萌えゲーと呼ばれるタイプの恋愛ゲームになります。
この手のジャンルは前年から既に人気が出ていたのですが、
その主な媒体はまだPC-98でした。
既にWIN95は発売されていたものの、
WIN用のオリジナル萌えゲーは非常に少なく、
windows機しか持っていない新規ユーザーには、
早くオリジナルの萌えゲーの登場が待たれる状況にありました。

この萌えと言うのも、
アニメで言えば綾波からルリルリに変動していったように、
対象が次第にロリ化を伴うように変わっていきます。

そうしたロリ化を伴った萌えとWIN用オリジナルという、
時代が求めた両方の要素を備えて登場したのが本作でした。
そして上手くブームの波に乗っかり、
その後のリーフ人気の基礎を作ったわけですね。

補足ですが、既にあったブームに乗っかった作品なので、
売れたことは間違いないのですが、
このゲームから何かが変わったということはありえません。
たまにこのゲームを起点に何かが生まれたみたいに書く人もいますが、
そういう人は大抵WIN95からゲームを始めた層なので、
単にその人が過去の作品を知らずに初めて触れたってだけです。
そんなことがしばしばあるから、
私は『雫』と『To Heart』信者だけは好きになれないのですよ。
(『痕』信者は別です。『痕』の場合だと、
単純にテキストが好きって人も多いので、それは好みの問題ですから。)

と言うことで、売上的な側面からは97年を代表する作品となったのですが、
残念ながら私は全く駄目でした。
これを機に、萌えだけのゲームは警戒するようになりましたね。

主人公の雑な言葉遣いが嫌だし、展開も眠くなる。
キャラの体形もなんか変だし・・・
ある程度評価されたり売れた作品の中で、
ここまで肌に合わないゲームも珍しかったですね。
でも周りでも評判は悪かったですから、
やっぱりこういうのにWINDOWSで初めて触れた新規層か、
或いは単に萌えだけを求めた層に受けただけなんですかね。
まぁ、たまにはこういう場合もあるってことですね。
良い勉強になりました。

ランク:E(駄作)

To Heart

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1173-b7ffee8c
| ホームへ戻る |