ドーム

ドーム

『DOME(ドーム)』は1988年にPC用として、
システムサコムから発売されました。

システムサコムはノベルウェアと名付けていましたが、
今で言うノベルゲームの元祖と言えるでしょうね。

dooms.jpg

<感想>


ノベルゲームというと大雑把に2つの特徴があると思うのですが、
1つは選択肢により分岐していくという構造であり、
もう1つはゲーム性を追求するのではなく、
読ませることに重点が置かれたという構造なのでしょう。

そしてSFCの『弟切草』が前者に力を入れた、
いわゆるゲームブック的なものであるとするなら、
今日のノベルゲーはより読ませることを意識した、
つまり後者に力を入れたものと言えるかと思います。

ノベルウェアは時期的にもSFCの『弟切草』より4年早いのですが、
上記で言えば後者に力を入れた作品でした。
このようなPC上で小説を楽しむというコンセプト的にも、
ゲームブック的な『弟切草』より
今のノベルゲームに通じるものがあると言えるでしょう。

ということで、読ませるという意味でのノベルゲームの元祖は、
おそらくこの作品になるのでしょう。
まぁノベルゲー全般という意味では、
個人的にはもっといろいろ掘り下げたくなるのですが、
とりあえず製作者が読ませることを意識しつつ、
ノベルと銘打って発売されたのはこのゲームが最初ということですね。

もともと『DOME(ドーム)』は『ドーム 終末への序曲』という、
夏樹静子さん原作の小説をゲーム化した作品であります。
原稿用紙700枚以上ということで、
従来のADVよりもはるかに文章量が増えています。

この作品、というかこのシリーズは時期が早すぎたんでしょうね。
ストーリー重視のためにプロの小説家にストーリーを依頼。
リアリティを出すために実写取り込みの画像を使用。
より快適に読んでもらうために無駄なコマンドを減らす。
こうした要素は、今ならば喜んで迎え入れられるでしょう。

でも、プロに頼ったストーリーには無理がなく、
当時のADVの多くにあった突飛さがないんですよね。
今ならリアリティあって良いじゃん一体何が悪いの?ってなりそうですが、
当時は何が起こるかわからない突飛さも好まれていましたから。
当時のプレイヤーからすると、どうにも地味に映ったんですね。

また実写取り込みっていうのは、
今でも抵抗がある人がいるくらいですからね。
好き嫌いは別としても、これまた地味に映ったものです。
加えて当時のPCは性能が低かったので、実写が汚くてね。
性能からすれば頑張ってはいたのでしょうが、
傍目にはどうしても物足りなく映っちゃうんですよね。

さらに、無駄なコマンドを減らして読むことに重点を置いたことも、
今なら多くの人に支持を得られるんでしょう。
でも、当時はやはりADVは考えて解くものって認識が強かったので、
読むだけのノベル物はゲーム性が低いから駄目って思われたんです。

だから一部では支持を得たものの、歴史を変えるまでには至らなかったのです。
時代を先走りすぎていたんでしょうね。

私も歴史的価値は大きいとは思うものの、
正直それ程面白いとは思いませんでした。
同じ年の『ソフトでハードな物語』あたりになると、
結構楽しかったんですけどね。
如何せん、本作は地味だったもので。

こういう作品は、大人と子供とでは感じ方も違うかもしれません。
当時は名作とまでは思えなかったけれど、
いつか再プレイしてみたい気もしますね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1169-d9ab16c4
| ホームへ戻る |