デリンジャー

デリンジャー

『デリンジャー』は1989年にPC-88用として、
クレストから発売されました。
他にはPC-98やMSX2からも発売されていましたね。

中藤美希ちゃんが可愛い作品でした。

derringer01.jpg

<概要>


クレストと言うと、あまりピンとこない人も多いかと思いますが、
これは天午後シリーズで有名なジャストの、新ブランドの1つでした。
ジャストが「中藤美希」というアイドルキャラをデビューさせるために、
新たにこのブランドを作ったのです。

因みに美希ちゃんは13歳の人気美少女モデルという設定で、
本作の後には『夜の天使たち~私鉄沿線殺人事件~』にも出てきます。
そちらでは19歳で人気アイドルとなっており、
成長した中藤美希の姿を見ることが出来ます。

尚、本作と『夜の天使たち~私鉄沿線殺人事件~』の間をつなぐ作品として、
『メイキング・オブ・Miki』が予定されていました。
こちらは『デリンジャー』以後、美希ちゃんが歌手デビューするまでを描いた、
プロモーション用ソフトとなるはずだったそうです。
もっとも、結局はお蔵入りになってしまいました。
画面も幾つか出てただけに、発売中止は勿体無かったですね。

さて、本作は主人公の下に、1枚の封書が届くところから始まります。
そこに美希ちゃんが拘束されていると書かれていることから、
事情が分からないながらも私立探偵の主人公が捜査に乗り出すのです。

システムはコマンド選択式のADVで、
一応最後で分岐があるのでマルチエンド形式でした。
物語のジャンル的には、ハードボイルド風の推理物ってことになるのでしょうか。

<感想>


まぁ、システムもテンポ良く進む分あっさり気味だし、
ストーリーもそれに輪をかけてアッサリしていました。
なので内容だけなら、大した作品でもないでしょうね。

でも、美希ちゃんが可愛かったんですよね。
13歳ヒロインってのもツボです。
今ならありえない設定ですからね。
本作は一般作扱いではありますが、
それは当時はまだ区分けがなかっただけのこと。
従って、脱ぐシーンもきちんとあります。
まぁ、唐突だったり妄想だったりツッコミどころはありますが、
脱いだシーンがあるってことが重要なのですw

derringer02.jpg

そんなわけで、今風に言えばキャラ萌えのおかげで十分に楽しめました。
ですので、ランク的には良作ってことにしてあります。
とはいえ、上記から分かるようにプラス点はグラフィックとキャラ、
マイナス点はゲーム性とストーリーです。
肝心とも言える部分が弱いこともあるので、
プレイ前には過度の期待は禁物でしょうね。
それと今ならこういうゲームはせいぜい佳作止まりなのですが、
良作としたのは今と状況が異なるからです。
今ならヒロインを作るのは当たり前であり、
当たり前のことをされても大した評価になりません。
しかし87年頃までのアダルトゲームの女性はHの対象でしかなく、
個性や人格を持った「ヒロイン」ではありませんでした。
88年には一部のブランドで、そのようなヒロインを作り始めています。
だから本作はヒロインがいるとの理由だけで名作になることもないのですが、
それでもまだ珍しかったことから、
ギリギリだけど良作にはなるだろと判断したってことですね。

因みにタイトル名となったデリンジャーは銃の名前で、作品内に出てきます。
当初はセマァリンが使われていたので、
タイトル名もセマァリンにする予定だったそうです。

ランク:B-(良作)

デリンジャー

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1167-72ed5b0a
| ホームへ戻る |