ギディ

ギディ

『ギディ(GIDYY)』は1991年にPC98用として、
ハート電子産業から発売されました。

歴史上に名を残す美人とHをしてみたいと、
一度は考えてみたことのある人も多いのではないでしょうか。

gidyy02.jpg

<ストーリー>


80年代に全流通から発売された艶談シリーズでは、
多くの日本の歴史上の偉人が登場しました。
となると、今度は世界を舞台にしたものがやってみたいと思うのも、
当然といや当然なことでしょう。
本作は、そこに注目した作品でした。

じいちゃんが死んだ・・・と、もの悲しく始まるOPには驚かされましたが、
主人公は、じいちゃんの残したタイムマシーンを使って、
世界中のいろんな時代にワープします。
その辿りついた先で問題を解決しつつ女の子とHをすることになるのですが、
相手がクレオパトラとか楊貴妃とか、
歴史に名を残す美女ばかりなんですね。
個人的には、設定だけでも興奮してきそうです。

<グラフィック>


もっとも、これで絵がヘタレだったらガクっとなるわけですが、
キャラもちゃんと可愛く描かれていました。

そもそも、デビュー当時のハート電子の作品は、
あまりグラフィックは良くなかったです。
後のインターハートは、最近また復活したのでややこしいですが、
勢い(?)のあった頃の90年代後半のWINゲーでは変に濃くなって、
あまり万人受けしなそうなキャラデザでしたしね。
振り返ってみると、90年代前半のこの時期の作品だけが、
可愛くて綺麗な絵だったように思います。

<ゲームデザイン>


さて、ハート電子産業のゲームといえば、
どうしても注目したくなるのがゲームデザインでしょう。
変わったシステムを導入している作品が多いですから。

今回はポイント&クリック式(P&C)式のADVですので、
これだけを聞いて今の観点から考えてしまうと、
特に変わった部分はないようにも思えます。
しかし業界初のP&C式として有名な『ELLE』も91年で、
こっちの方が若干遅かったはずではありますが、
ほんの数ヶ月の差でしかありませんし、
ジャンルとして珍しいことにかわりはありません。

というか、P&C式にも種類や変遷が一杯あるわけでして。
そもそも画面クリックという形式のADV自体は、
80年代半ばのアダルトゲームでもあるのです。
その頃はコマンド選択の際の総当りを避けてゲーム性を増すために、
部分的に使われるってのが大半でした。
アイコンを選択した後に画面クリックという、
コマンド選択式を伴わないシステムにしても、
80年代に既にあったりします。

ただ、私はシステムとデバイスって密接に関連すると思っています。
例えばDCの『シーマン』の音声入力は面白かったけど、
事実だけで判断するならば、
音声入力自体はファミコンでもあっただろってなります。
しかしファミコン時代の音声入力では、
『シーマン』の面白さは全く実現できないでしょう。
内面上の技術が発達したからこそ、魅力が引き出せるようになったのです。
マウスが標準装備となったPC98とは異なり、
PC88の頃はマウスが標準ではなかったですし、
画面クリックもキーボードでカーソルを動かしてって感じなので、
ハッキリ言って面倒でした。
ましてやアイコンを選んだ後でとなると、手間が2重になりますしね。
今でこそ私はP&C式ADVこそ最高の基本システムと考えますが、
PC88時代のマウスなし+アイコン型は楽しさがあまり分かりませんでした。
こういうのは部分的に使うからこそ意味があるのであって、
基本システムに使うべきではないと思っていましたからね。

『ELLE』はアイコン選択型ではなく、
クリックできるところで自然にカーソルが変化します。
今のP&C式ADVもこういう形式か、
その場所で右クリックすることでカーソルを任意に変更させるのですが、
いずれにしてもアイコンを決めるために動かし、
アイコンを決めた後に動かしという2度手間はかかりません。
手間が減った上にマウスで快適に動かせるわけですからね、
飛躍的に面白く感じられるようになったものです。
P&C式ってのは、マウス操作の発展も含めた上で成り立っていると、
そういう風に思うんですよね。
だから私は『ELLE』は画期的だったと思うわけです。

他方で本作はアイコン型で、まずアイコンを選択して、
その後に対象物をクリックしてという形になります。
これはどうしても手間が増えてしまうわけですが、
マウスでの操作を念頭に置いて作られていますので、
『ELLE』ほどではないにしても、
プレイ自体は80年代の作品より快適になっています。

ところで、以上の様な説明だと、
アイコン型は古い形式のように見えてしまいますが、
アイコン型はELLEのような自動変換型よりも、
理屈上は、やれることが増やせますからね。
ADV製作の上手い人が作ればゲーム性を高めることができます。
一定の快適さが確保されれば手間も気になりにくいですし、
人によってはこっちの方が好きな人もいるでしょう。
(エルフだって『DE・JA2』ではアイコン型の画面クリックに、
コマンド選択を混ぜた形式に変えてきていますし。)

また、海外のP&C式ADVでは当然のように用いられているインベントリー。
つまりアイテムを入手して、それを適切な場所で用いる要素ですね。
本作はこれも採用されていました。
P&C式と呼べるアダルトゲームはその後に幾つか登場するものの、
インベントリーを用いているタイプは少ないです。
こうしてみると、当時のこの手のシステムとしては先端を行った作品であり、
ハート電子らしい作品と言えるのでしょう。

まぁ、欲を言えばもう少しクリックした際の反応が多ければ、
もっと良かったんですけどね。
エルフのADVに比べると、どうしても作りこみが甘く感じてしまうのですよ。
作り込みが甘いから、せっかくのアイコン型も活かされていないのです。

<感想・総合>


せっかくのシステムが活かしきれていない点は、
どうしても少し気になってしまうのは確かなのですが、
テキストやグラフィックの良さを考慮すれば、
十分に名作と言って良いように思えますね。

今回は脇道にそれまくった感もありますが、
結局言いたいことは明確で、
本作はこの手のゲームの初期の代表作だってことですね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 5インチソフト ギディ

関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1155-a51f06c6
| ホームへ戻る |