ハートヒートガールズ

ハートヒートガールズ

『HHG ハート・ヒート・ガールズ』は、
1993年にPC-98用としてCat's pro(キャッツプロ)から発売されました。

このゲームの大作感は凄かったですね~

HHGs.jpg

<感想>


まず、林家志弦さんのデザインしたキャラクターはどれも可愛く、
なおかつ画質も非常に高画質でした。
しかもその画質のまま、ほとんど遜色無しに動き回っていました。
1枚絵のレベルをほとんど遜色なく動かしているわけですからね、
これは本当に圧巻でした。
個人的には、これだけでも大満足です。

また、サウンドも非常に良かったですね。
本作は付属で音楽CDがついてきましたが、
それだけ自信もあったんでしょうね。

さらに、ディスク12枚ってのも当時としてはかなり多めでしたよね。
サイバーパンクな世界観も良かったし、
システムも私の好きなポイント&クリック(P&C)式のADVでした。

これだけだと、何かとんでもない大傑作のように見えてきます。
いや、実際面白かったし、好きな作品なんですけどね。
傑作かと言われると、それが必ずしもそうでもないわけでして。

最大の理由は、やっぱりストーリーですかね。
面白くはあったのだけれど、
他の部分と比べるとちょっと物足りなかったです。
SF作品で演出部分が突出した作品・・・
近年の作品で例えると「マブラヴオルタ」を思い出しますね。
ストーリーとかはもちろん全然違うのですが、
プレイしたときの率直な印象は凄く似ている気がします。

ゲーム部分に関しては本作はP&C(ポイント&クリック)式ですが、
これは本来私の好きな方式です。
これまでにここを訪れた人は、
私がP&C式のADVを高く評価しているケースを何度か見ているかと思います。
でも、P&C式だからって無条件に高く評価しているわけではありません。
当然P&C式にだって良し悪しはあるわけでして、
良いものもあればイマイチなケースもあるのです。
紹介することの多いエルフなんかは上手く仕上げてるケースが多いのですが、
本作に関してはここの作りが少し甘かったです。

もう1つ、個人的な感想ですが、何故これを一般作で出したのでしょう?
アダルトゲームメーカーなんだから、
普通にアダルトゲームで良かったのに・・・
キャラも可愛いんだし、勿体無さすぎですよ。
まぁ、それだけ自信があったのかもしれませんけどね。

<総合>


そういうわけで他を圧倒する部分もあるのですが、
随所に甘いところも見られた作品でした。
私は長所が短所を上回っていると考えたので名作扱いしましたが、
ストーリー・ゲーム部分という中枢的要素に甘さがありますからね、
イマイチに感じた人もいたでしょうね。

ストーリーをしっかり完結させてゲーム部分をエルフにでも作らせていれば、
とんでもない傑作が生まれてたのかもと思うと、
やっぱり残念なような勿体無いような気がしてきますね。
続きがあるような終わり方だったので、
出来れば続編もやりたかったものです。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフトハートヒートガールズ

関連するタグ ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1153-a6874944
| ホームへ戻る |