うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~

うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~

『うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~』は、
1994年にメガCD用としてゲームアーツから発売されました。

原作付きと侮ることなかれ。
ゲーム機のポイント&クリック式ADVの中の代表作と言える作品でしょう。

urudmf01.jpg

<はじめに>


私はADVが好きですが、その中でも特にP&C式ADVが好きなわけでして。
そのP&C(ポイント&クリック)タイプのADVは、
海外では主流な形式なのですが、国産ではあまり数がありません。

とはいえ、絶対数こそ少ないものの、
名作としてユーザーに支持される率は高いように思います。
だからきっと、需要はあるのでしょうけどね。
でも良い物を作るのは大変だから、
低予算なギャルゲー中心となった今の日本では難しいのかもしれません。

また、P&C式は時に画面クリック型と言われるように、
画面のあちこちをクリックすることが前提となります。
この操作でのプレイにはマウスが適しており、
逆にゲームのコントローラーには向いていません。
そうした理由もあって、
家庭用ゲーム機では製作されにくいって事情もあるのでしょう。

なので数が少ないのはある意味仕方ないのかもしれませんが、
だからと言って家庭用ゲーム機で皆無なわけではありません。
少数ではあっても存在するし、面白い物だって存在します。
そして本作は、数少ないコンソールの、
国産P&C式ADVの名作の1つと言えるでしょう。

<ゲームデザイン>


上記のように、本作はP&C式ADVになります。
P&C式ADVの面白さにも幾つかベクトルがあると思いますが、
本作はそれ程難易度は高くありません。
高い難易度を求める人もいるでしょうが、
本作はちょっと方向性がずれるでしょう。

しかし、あちこち画面をクリックして様々な反応を楽しむという点では、
非常に優れていたかと思います。
クリックした時に、ちょっとしたミニアニメで見た目も楽しめましたが、
この辺は日本のゲームでは屈指の出来でしょうね。
PCの国産のP&C式ですと、ほとんどがPC98までの作品になります。
そうすると、クリックしてアニメーションという部分は、
どうしても弱くなってしまうわけでして。
メガCDで大容量を実現できた本作の、ここは一番の強みなのだと思います。
また題材が「うる星やつら」ということで、
返ってくるテキストの反応もとても楽しかったです。

とにかく動きのにぎやかな国産P&C式ADVということで、
今でもその存在価値は全く損なわれていないでしょう。
このゲームの魅力を完全に受け継いだ作品は、今でも出ていないと思います。
そう考えると、ずっと手放すことの出来ないゲームなんですよね。

<グラフィック>


上記のように、クリックすると、
豊富なアニメーションの反応があるというのは、本作の最大の魅力と言えます。
本作はメガCDからの発売ということもあって、
グラフィックでは随所にアニメーションが採用されるし、
作画にもアニメに関ってた人が携わったみたいで、
非常にグラフィックのクオリティが高かったです。
ファンなら、ここは嬉しかったでしょうね。

加えてフルボイスでしたしね。
これは当時の他の機種では実現が無理だったでしょうね。
これだけでも当時の他のADVと比べれば、十分に長所と言えるでしょう。
ゲームアーツと言えば『ゆみみみっくす』も有名ですが、
そこで培った技術が本作でも上手く活かされた感じでした。

<ストーリー>


ストーリー自体はオリジナルですが、作品のイメージを損ねず、
もう完全に「うる星やつら」の世界をゲームで実現しており、
とても良い雰囲気で存分に楽しめました。

つくづく思うんですけどね。
メジャーな機種のキャラゲーとかってはずれが多いじゃないですか。
それでアニメや漫画のゲーム化に悪い印象を抱いている人も、
少なからずいると思います。
でも逆にマイナーな機種では、意外と良い作りのがあったりするんですよね。
もっと知られていても良いのにって思うのも幾つかあるわけで、
何か勿体無いような残念な気持ちになっちゃうのです。

<感想・総合>


家庭用ゲーム機では非常に珍しかった上に基本的な作りが良いので、
本作は「うる星やつら」に興味がなくても楽しめるでしょう。
メガCDの機能を存分に活かしたP&C式ADVであり、
一本の国産P&C式ADVとしても、他ではなしえない、
本作ならではの特徴を有していました。
これは、ADV好きならば間違いなく1度は触れてみるべきでしょう。

もちろん「うる星やつら」ファンならば、更に楽しむことができるでしょうね。
「うる星やつら」のファンじゃなくても十分楽しめるだけのクオリティですから、
ファンなら尚のこと四の五の言わずに買ってやっとけって感じですよ。

まぁ、小難しい希少性や価値の話を抜きにしても、
ただ単純に素直に楽しめる作品でした。
メガCDであるが故にマイナーな存在ではありましたが、
同時期の他機種では作ることのできない優れたゲームでもありました。
この機種だからこそ作ることができた、
しかしこの機種であるが故に内容関係なしにマイナーにならざるをえず、
その点では不遇な作品でもありましたね。

ランク:A(名作)

(メガCD)うる星やつら

関連するタグ メガCD /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1151-d7590df7
| ホームへ戻る |