同僚の奥さん ~ネトリ妻、ネトラレ妻~

同僚の奥さん ~ネトリ妻、ネトラレ妻~

『同僚の奥さん ~ネトリ妻、ネトラレ妻~』は、
2009年にWIN用として、Guilty+から発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV 属性:NTL・NTR

douryou

Guilty+は現実路線の熟女物を扱ってくれるので、
方向性はわりと好きだったりします。
ただ、微妙な出来のゲームも多いんですよね。
その中にあっては、本作は結構頑張っていたように思います。

今回の題材は、まぁタイトル通りですね。
基本は同僚、というか先輩の妻を寝取る内容となります。
メインは寝取りなので、NTL好きが第一のターゲットとなるでしょう。

プレイにより選択肢が増えていき、
最初は寝取りだけだったのが違う展開も出てきます。
タイトルや紹介からも分かるのでネタバレにならないと思うので書きますが、
主人公の妻も不倫をしちゃってるんですよね。
これが寝取られとなるわけです。
寝取られシーンもあるのでNTR好きにも向いている作品ですが、
こういう構造なのでNTRオンリーの属性の人や、
NTRだけを求める人は気を付けたほうが良いかもしれません。

こうなってくると予想もつくというか、期待したくなるでしょうが、
当然スワッピング的展開も用意されています。
スワッピング物はNTRとNTLの両方の属性がないと楽しめないので、
意外とハードルが高いように思います。
両方の属性があっても、微妙に方向性もずれてきますしね。
なので合わない人も出てくるかもしれませんが、
このゲームの展開的には自然な流れでしたし、
十分ありと言えるかと思います。

テキストも結構頑張っていたと思いますし、
いろんな要素があるもののどれも満足できた感じでしたね。
Guilty+の中ではかなり好きな作品です。

ただ、幾つか注意点もあります。
まずCGですが、基本的には良いです。
本作の一番の魅力とも思いますし。
ってか、キャラデザは私の好みのど真ん中で、
立ち絵も凄く良いんですよね。
立ち絵全裸もあり、この辺までは凄く良いです。

しかし、肝心のHシーンが少し崩れているのか、
立ち絵で見たときほどの興奮がなかったりします。
過度に期待してない人なら問題ないかもしれませんが、
私と同じように立ち絵やキャラ紹介の絵に凄く惹かれた人は、
あまり期待しすぎないようにした方が良いかもしれません。

それと、本作は個々のシーンは良く出来ていると思います。
しかし、あくまでも低価格商品なんですよね。
当然ボリュームもフルプライス作品より少ないわけです。
それなのに寝取り寝取られ等いろんな要素を含んでいますので、
NTLやNTRに特化したフルプライス作品と比べると、
どうしてもそれぞれの要素が薄く思えてしまうのです。
そのため、名作というにはもう一つ物足りない印象を抱きました。

総じて、強烈な長所という面では物足りなさは残るものの、
いろんな要素をふんだんにちりばめつつそつなく纏めた、
良質な低価格ソフトと言えるでしょう。
そういう意味では、
よく出来たお子さまランチのようなゲームとも言えるかもしれませんね。
基本的にはいろんな属性の入門用だと思います。
評価は甘いかもしれませんが、価格の安さとキャラがツボということで、
一応良作としておきます。

ランク:B-(良作)

douryou

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/115-ac9579ed
| ホームへ戻る |