ハーレムブレイド

ハーレムブレイド

『ハーレムブレイド』は1996年にPC-98用として、
戯画から発売されました。

恋愛RPGの代表作であると同時に、非常に高い難易度、
及び主題歌のついたアダルトゲームということで有名な作品でしたね。

ゲームジャンル:RPG
hblade01.jpg

<感想>


多数のヒロインの中から1人を選ぶタイプの恋愛ADVや恋愛SLGがあるなら、
多数のヒロインの中から1人を選ぶタイプのRPG、
即ち恋愛RPGがあったって良いわけですよね。
多分誰しも1度は望んだようなことを実現したのが、
この『ハーレムブレード』でした。

『ハーレムブレード』はPC-98の末期の作品だけあって、
98のアダルトゲームのRPGとしては、
部分的にはかなり高い完成度を有しています。

まずはOP。
主題歌入りでアニメーションのついたゲームなんて、
アダルトゲームではまずなかったですからね。
おそらく初めてだったのではないでしょうか。
今ではすっかり当たり前の存在になりましたが、
当時はそうでなかっただけに、そのインパクトは抜群でした。

攻略対象のヒロインも軽く1ダース以上いましたし、
(正ヒロインが15人で、攻略対象だけなら20人でしたっけか)
全クリアを目指すとボリュームも半端じゃなかったですね。

今のアダルトゲームにはない歯ごたえが、
このゲームの中にはありました。

私の周りでもはまった人は多かったですし、
結構根強いファンの多いゲームでしたね。
当時、ADVが『YU-NO』ならSLGは『鬼畜王』、
そしてRPGは『ハーレムブレード』だって感じで、
最高のゲームに推す人もいたくらいですし。
何れにしろ96年を代表する作品の中の1つではあったのでしょう。

ただそういう声がある一方で、
個人的には名作だとは思いつつも、
世間の賞賛程にはあまりはまらなかったわけでして。

その理由としてまず、
これはプレイした誰しも口を揃えて言うことではありますが、
とにかく難しいです。
異常なまでにフラグ管理が厳しすぎて、1人の攻略だけでも骨が折れます。
それが1ダース以上になるのですから、
自力での全クリアはほとんど無理ではないでしょうか。

それでもその困難を乗り越えたくなるほどの魅力があれば良いのですが、
ストーリー等はわりと普通なんですよね。
最初の数人までならプレイ意欲も沸きますが、
次第にやる気が沸かなくなってしまったんですよ。
また、ヒロインの人数が多くても、好きなキャラは限られていますし。
まぁこの辺は個人差がありますので、
意欲が持続できた人は長い間楽しい時間を過ごせたのでしょうけどね。

<総合>


大作ですし、十分名作と言えるだけの個性と質は有していたでしょう。

ただ、この年辺りから恋愛RPGの数が増えていきますが、
短時間で終わるSLGならまだしも、
1プレイに時間のかかる普通のRPGと多数ヒロインの攻略要素は合わないよな~と、
つくづく痛感した作品でもありましたね。

ランク:A-(名作)

ハーレムブレイド

関連するタグ PC98 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これはハマりましたねぇ。
ストーリーも良く出来てて終盤は衝撃の連続でした。
ただそれは初回のみで二週目以降は作業になってしまうのは
この手のゲームの宿命ですね。
難易度は確かに高かったです。
RPGパートAVGパート両方シビアだったと思います。
ヒロインも戦闘に参加してくれるのとしてくれないのがいて
それによりRPGパートの難易度が違いましたね。
ただこれは周回プレイでレベル等を持ち越しでゴリ押せるので
戦闘に参加しないヒロインは後回しすれば解決なんですよね。
またこのゲームはカルマ値みたいのがあって善か悪に偏らないと
攻略出来ないヒロインがいるのに気付かず何度もやり直しました。
ヒロイン同士も相性があって同時に仲間にするのが難しいんですよね。
最強の難易度を誇るパンナコッタは戦闘参加キャラ全員仲間にするのが
条件ですがこれを当時自力で攻略出来た人はどのくらいいたのでしょうね。

> これはハマりましたねぇ。
> ストーリーも良く出来てて終盤は衝撃の連続でした。
友人はとてもはまっていました。
当時はそういう人も多かったと思うので、このまま埋もれさせるのは惜しいです。
> ただそれは初回のみで二週目以降は作業になってしまうのは
> この手のゲームの宿命ですね。
誰か優秀なクリエイターが出てきて解決してくれるとありがたいのですが、やっぱり難しいですかね。

> 条件ですがこれを当時自力で攻略出来た人はどのくらいいたのでしょうね。
私は結局攻略情報に頼ってしまいました。
まぁ謎解き系のADVにはまっていた頃なので、あまり時間をかけたくなかったのもありますけど。
でも頑張って自力でと思っても、ちょっと無理だったかもしれませんね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1146-c2bc35a8
| ホームへ戻る |