アトランティス

アトランティス

『アトランティス』は1997年に海外で発売、
同年に日本語化もされたMYST系のADVになります。

構想3年、制作費5億円でしたか。
何かパンフレットをよく見かけた気がします。

atl01.jpg

<感想>


ゲームジャンルはMYST系ADVになります。

この当時のゲームのグラフィックは、
MYST系ADVが最高峰に位置していました。
その中でも、特にこの『アトランティス』は、
実写さながらの綺麗なCGでありながら全方向360度見渡せたのです。

「実写さながらの綺麗なCGで360度」、
まるでその世界に本当にいるかのような気分になりましたよ。
今の技術なら簡単で、どこでも普通にやります。
しかし、それをこの年にやったことに意味があるんですよね。
『MYST』シリーズでも全方向パノラマ映像は導入は、
2001年の3作目からでしたし。
とにかく、その技術力は圧倒的でした。

あまりの綺麗さに魅了され、それで毎回ラオックスに寄ってたんですよ。
案の定自分のPCのスペックでは動かないことを知ってからは、
体験コーナーで気を紛らしていました。
海外でバカ売れしたらしく、長い間体験コーナーもありましたしね。

そんなわけで、思い入れはかなり深い作品なのです。
じゃ、何故名作として紹介しないのか?

残念なことに、後日プレイする機会があったんですけどね。
グラフィック関連は断トツなんですが、
他がイマイチでして…

一つでも強烈な魅力を持ってればBをつける私としては悩みましたがね、
この年最後のA-枠は『TIME GATE』にしたので。
この年はMYST系ADVが一杯あって悩ましいのですよ、ホントに。

海外でもレビューサイトの評価はイマイチでした。
にもかかわらず、5作目まで作られどれもがかなり売れてるんですよね。
日本でも優遇されて日本語化されてましたし。
単なるゲームの完成度だけではない魅力を、
そこに見出していた人々が世界中にいたんでしょうね、きっと…

ランク:B(良作)





関連するタグ WIN /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1142-667860ff
| ホームへ戻る |