SDガンダム GGENERATION-ZERO

SDガンダム GGENERATION-ZERO

『SDガンダム Gジェネレーション ゼロ』は、
1999年にPS用としてバンダイから発売されました。

ジャンルは一応戦術SLGと分類されることが多いのですが、
成長の要素もあることからするとS・RPGでも構わない気もしますね。
プレイ感覚もS・RPGと似ていますし。

GGENERATION-ZERO

若干の変更点はあるものの、基本的には前作を踏襲。
マイナーチェンジってところでしょうか。
Gジェネよりも収録作品やMSは増えてボリュームはアップしています。

とはいうものの、
私は極めてボリュームの多いファンディスクって印象が強かったですね。

どういうことかと言いますと、
前作は初代ガンダムから逆襲のシャアまでの、
主要なエピソードを網羅した作品でした。
CGムービーなんかも本当の名場面ばかりに用意されていて、
ファンとしては嬉しかったものです。

もっとも、ガンダムの歴史は長いですからね。
当然、全てをカバーしきっているわけではありません。
そこで本作は、
その前作でカバーしきれなかった部分に重点を置いているのです。
なので、CGムービーなんかも前作とは異なるシーンに用意されています。
前作をやった人を飽きさせないって意味では、
この選択は良かったかと思います。
前作と本作で旧宇宙世紀系の作品はほぼ満足できる内容になりましたからね。

ただ、前作をやっていない人にはどうなのか?
おそらく、何かピントハズレなシーンにばかりムービーがあるなって、
そんな風に感じたのではないでしょうか。
エピソードといい、ムービーといい、
前作の補完的な意味合いが強いと思うんですよね。
だから、前作と本作で合わせて完璧になるんだと私は思います。
なので、個人的には本作単体での購入はオススメできないかと。

また、システム面に関してですが、
前述のようにマイナーチェンジで基本的には良いと思います。
しかし、1点だけ気になりましたね。
前作より収録作品が増えたのは良いのですが、
その分強力なMSを制作する手間が増えてしまいました。

例えばジオングにしても、途中にいろんなタイプの試作型ザクが必要です。
この成長過程が前作より1体多いんですよね。
これは正直面倒だったです。
細かいMSが増えることはガンダムファン的には嬉しいのですが、
ゲーム全体のバランスとしてはどうなのかなと思いましたね。

まぁ、前作ほどのインパクトはありませんが、
十分面白い作品です。
特に前作をプレイした人には補完的な役割も果たせるので、
ぜひともプレイしてもらいたいかと思いますね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1141-8b19596e
| ホームへ戻る |