美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」

美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」

『美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」』は、
2008年にWIN用として、オーバードーズから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

taitu

基本はノベル系のADVで、調教シーンは調教SLGっぽくなっています。
なのでADV+調教SLGと考える人もいるかと思います。
しかし、見た目は調教SLGっぽくあるのですが、
数値の変動を楽しむものではなく、
調教の進行を見た目で表現したって感じなので、
プレイ感覚はADVにおける選択肢の連続とかわりありません。
よって、あくまでもADVが基本であると考えた方が良いでしょう。

こういう類のシステムは調教系のADVでたまに採用されますが、
好みは結構分かれるかと思います。
ゲーム性が増したとして高く評価する人もいれば、
作業の繰り返しになってだるいと感じる人もいます。
これはもう人それぞれなので、
自分の今までの経験から合うか合わないかを判断するしかないでしょう。
本作もこの部分は、他のゲームより劣るわけでもありませんが、
かといって特に優れているわけでもありません。
なので、過去の経験による印象がそのまま該当すると思いますしね。

ストーリーの大筋は生徒会長である高慢なお嬢様を脅迫し、
調教していくというものです。
これだけだとよくあるパターンなのですが、
よくあるわりにはヒロインの堕ちていく過程がしっかり描かれた作品は、
意外なくらいに少ないように思います。
本作も特別ここが秀でているというわけではありませんが、
ちゃんと段階を経ていっていますし、
不自然な箇所はなかったかと思います。
相対的に見れば、十分優秀な部類に属するのではないでしょうか。
なので、強気なお嬢様の堕ちる過程が好きな人は、
結構楽しめるかと思います。

これだけでも十分元は取れますが、
本作の一番のウリは別なところにあります。
それは、タイトルにもあるように脚とタイツですね。
普段の立ち絵でも足に照準を合わせるモードがありますし、
Hシーンも脚やタイツ関連のシーンが非常に多いです。
まさに、脚フェチのためのゲームです。

脚フェチで高慢なお嬢様の堕ちる過程が好きな人には、
おそらくこのゲームは名作と思えるのではないでしょうか。
それだけの内容を伴った作品でしたからね。
ただ、SSDでのラバーフェチのように、
属性のない人まで引きずりこみ新たな属性に目覚めさせるほどの勢いは、
残念ながらなかったように思います。
ですので、個人的には佳作と判断しておきたいと思います。

ランク:C(佳作)

taitu

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |