ミナミからの手紙

ミナミからの手紙

『ミナミからの手紙』は2007年にWIN用の同人ゲームとして、
#defineから発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV 属性:催眠

ミナミ

<概要>


――君は、どっちの‘ミナミ’なんだ?
画面越しの文字だけの出会い。
だからこそ、強く興味をっもったのかもしれない。
主人公、草薙和志は、好奇心といくばくかの下心から
出会い系サイトの世界に足を踏み入れた。
変わらない日々の中で生まれた、ほんの小さな波紋。
それは、俺の生活を大きく変えるきっかけに……なるのかもしれない。

<感想>


出会い系でメル友になったミナミという女性は、
自分の知っている2人のミナミのどちらなのかという話で、
2人のミナミにはそれぞれ恋愛と凌辱のルートがあることから、
計4本のストーリーが楽しめます。

最近は恋愛と凌辱のどちらかに分かれる作品が多いですが、
両方あるのはゲームらしくて好きですね。
しかも、その両方が良いとなると、
これは商業作品でも中々見つからないですし。

#defineは催眠術の描写に定評のあるところで、
本作でも片方のミナミの陵辱ルートに登場します。
MC要素もあれば露出羞恥要素もありますし、
陵辱ルートは多彩な属性に対応していて非常に良かったです。
惜しかったのは、同人の枠内でいろいろやろうとしたために、
若干ボリューム不足になったことでしょうか。
このライターの真骨頂は陵辱ルートにあると思うのですが、
本作ではどちらかと言うと恋愛ルートに比重が置かれていました。
それもあってライターの一番の魅力が、
完全には出し切れないままで終わってしまったように思われます。

本作にはミナミが2人いるのですが、
どちらがメル友のミナミなのかは比較的早く決まります。
ここは推理物的にどっちなんだろうと悩むのを期待していた人には、
もしかしたら少し予想外に感じるかもしれません。
でも、その分別の面白さが用意されているわけでして。
例えば陵辱ルートは、上記のように片方ではMCルートに入っていきます。
もう片方では自分は相手の正体を知っているにもかかわらず、
相手はこっちを知らずに何でもメールで話してくるという状況を活かした、
駆け引きを使った陵辱が展開されます。

恋愛ルートもちょっと変わっていて、
実はミナミの片方は他人に催眠を用いられ犯られてしまっています。
(これは物語の核ではないから、あまりネタバレにはならないですよね…)
主人公が催眠をかけるのではなく、
既に他人にかけられているのを解除していくというのは、
ありそうでいて意外に珍しいのではないでしょうか。
あまりない切り口から展開されるので、結構新鮮でした。

ただ、このルートは若干冗長気味だったかもしれませんね。
途中まではとても面白かったのですが、
ラストに至るにつれ、少し間延びしてしまいましたから。
ここを少し削って陵辱に回しておけば、
印象はかなり変わったのではないでしょうか。

かように問題もあるわけですが、基本的にとても面白かったです。
テキストも良くて序盤から楽しかったですし、
シナリオとエロを高い次元で両立させたという点は大きいです。
最近はシナリオ重視ならエロは薄く、
エロ重視ならシナリオが弱い作品が大作の中でも非常に多いです。
シナリオとエロのバランスの良いゲームとは何なのか、
短いながらもその良いお手本とも言える作品かと思いますね。

また、原画はてんまそさんで、人気のある方のようですね。
私もそれなりに気に入った絵ではあるのですが、
ファンの方ならもっと楽しめるのではないでしょうか。
特に本作のような陵辱系にはあまり関わってないだけに、
より一層貴重になってくると思いますし。

恋愛もあり陵辱もあり、ストーリーもエロも両方良い。
近年では珍しくそういうゲームで満足の出来るゲームでした。
正直これは名作扱いでも良いかとも思いますし、
他に名作扱いしたゲームより単純な楽しみ具合は上だったりします。
総合力では同人の中では最上位クラスの1本でしょう。
しかし名作と言い切るには、これという何かが足りないとも言えます。
同人ゲームに手を出す人は、
他の部分は弱くとも何か1点でも他には負けない突出した要素があれば、
それで良いって人も結構いるかと思います。
本作は、その部分が物足りなかったのですよ。
もちろん最近では珍しく全てに秀でた作品という特徴もありますが、
過去のフルプライスの同系統作品と比べると、
小規模な分どうしても弱く感じちゃいますしね。
なのでとても好きな作品ではありましたが、良作止まりなのかなと。
フルプライスできっちり作っていれば、
文句なしに名作だったんですけどね。
このライターは基礎力のあるしっかりした所でフルプライスで作れば、
名作を作ることもできそうだと思います。
なので今後に期待したいものですね。

ランク:B(良作)

ミナミ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |