夢幻の心臓2

夢幻の心臓2

『夢幻の心臓2』は1985年にクリスタルソフトから、
PC-88用として発売されました。

非常に優れたRPGでありながら、
不当に過小評価された作品でもあったのかなと。

mugensin2.png

RPGの元祖は『ウィザードリィ』や『ウルティマ』だったり、
国内初という点で『ブラックオニキス』だったりするわけです。

もちろんこれらにはまった人たちが大勢いたからこそ、
今日のRPGがあると言えるのでしょう。
ただ、正直自分はそれ程楽しんだとは言えなかったかと思います。
如何せん、初期のRPGは本当にシンプルでしたからね。

また、PCの性能の低さゆえにロード時間が長かったんです。
一つの戦闘に入るたびに、一体どれほどまたされたことか。
そのロード時間に見合うほどの内容を伴っていたかと聞かれると、
やっぱりう~んとなるわけで…

では、初めて本格的なRPGとして楽しめたのは何かと聞かれると、
それは『無限の心臓2』になるんでしょうか。

家庭用ゲーム機しか知らない人なんかは、
RPGの元祖として『ドラクエ』の名前を挙げたりします。
『ドラクエ』以前にPCでは多数のRPGが発売されていることから、
それは間違いです。
『無限の心臓2』だってその一本です。

また『ドラクエ』の説明として、
『ウィザードリィ』と『ウルティマ』の良いところをとって、
今日のRPGの基礎を作ったというのがあります。

でも、これはそのまま『無限の心臓2』にあてはまるんですよね。
自分がプレイした時期がずれているために、
細かい点は忘れてしまって比較できないのだけど、
『ドラクエ』は『無限の心臓2』のパクリと言う人がいます。
パクリか否かはさておき、ドラクエのRPGとしての功績のほとんどは、
『無限の心臓2』に該当するのではないでしょうか。
つまり本作品は「日本のRPGの基礎を作り上げた」、
歴史的作品なのではないかと自分は思うのです。

さて、システムはいわゆる2Dフィールド型のRPGで、
見える範囲が限られていました。
ここら辺が『ウルティマ』のパクリといわれた理由なんでしょうね。
まぁ、今となってはそれを言い出したらRPG全部パクリじゃんとなるので、
過去の話題でしかないですね。
何であれ、快適に移動でき、よく作りこまれてましたよ。

シンボルエンカウントなため、敵はマップ上にうろついています。
これに接触することで戦闘に移ります。
そして、その際の切り替えが速かったです。
当時のRPGでは戦闘画面に移るのにかなり時間がかかるのも多かったので、
これは凄く嬉しかったですね。

また、本作品はパーティ制なんだけど、
パーティを組むNPCが多数いるんです。
なので、自分から話しかけることで誰と組むかを選べます。

こういうRPGって、それ以前にあったんですかね。
自分が知る中では、これが最初なんですけど。

海外のRPGの良いところを取り入れつつ、新たな要素を加える。
それでいて、ゲームバランスも快適で調度良い。
非常に優れた古典的名作でしたね。

ランク:AA-(名作)



関連するタグ PC88 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1985」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

>>『ドラクエ』は『無限の心臓2』のパクリと言う人がいます
まず間違いなくパクリです
堀井雄二氏はカルチャー系の雑誌で心臓2のレビューもしており絶賛していたそうですし、
アレフガルドのマップは心臓2の人間界そのまんまです。
謎もまんまのものもあります。

>>eorokobaさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
マップや謎までそのまんまでしたか。
何分にも昔過ぎて細かい所は忘れちゃってたものでw
そうなるとよりいっそう、『夢幻の心臓2』は凄かったってとこでしょうかね。

レビューとても面白いですね。風邪で休んでいたのですが薬を飲むのも忘れて各種頁を楽しませていただきました。
さて、自分も↑の方に賛同させてください。
自分は当時夢幻の心臓2に超ハマった人間なのですが。
懐かしく思い「夢幻の心臓」で検索をかけてもゲームの紹介よりも「ドラクエをパクリだと言う無知な奴がいる」という内容の記事が先に出てくるんです。しかも、それを書いている人が殆どが夢幻の心臓2を未プレイ(涙)
>>本作品は「日本のRPGの基礎を作り上げた」歴史的作品なのではないかと自分は思うのです。
大賛同です。
主人公の職業は勇者で、勇者だからラスボスを滅ぼしに行く。ラスボスの目的は世界の破滅。ゲーム開始直後に王様に会いお金をもらう、王城のすぐ隣の町で装備を買う。序盤のモンスターはスライムやこうもりで中ボスが姫を監禁していて・・・といったJRPGの王道を最初にやっているんですけどねえ。
まあハードがマイナーだと良作でも知名度がマイナーなままなのが世の常ですからねえ。

>>じっふぃさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
レビューは昔の記憶を忘れる前にってことで始めた感想程度のものですが、褒めてもらうとやっぱり嬉しいものですね。
私もエアコンが壊れて昨日買いに行ったら届くのが1月先と言われて難儀してますが、急に寒くなりましたからね。
季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。
『夢幻の心臓2』はとても面白いゲームでしたね。
このブログは移転してきたもので、元は2年前の記事だったりするわけですが、当初はとにかく短く書いていたもので、いろいろ言葉足らずだったりします。
自分でも日本のRPGの基礎を作り上げたと書いておきながら細かい部分を省略してましたし。
その私の足らない部分を的確に読み取って補足していただき、ありがとうございます。
JRPGの余計な装飾部分を取り除くと、その本質部分はほとんどこのゲームに詰まってたわけで、結局はこれなんだよな~って懐かしくなってきますね。
80年代のPCのゲームはマイナーですからね。
まだそれでも夢幻の心臓とかのRPGはたまに詳しく解説されてたりするので、恵まれた方なのかもしれませんね。これがADVとかノベルゲームになると、80年代のゲームがまるでなかったような記述が平然と通説のようにまかり通っているわけで。
そういうのを見ると、何か納得できないような残念な気持ちになったりするんですよね。
仕方ない面もあるので、難しいところではありますけどね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1123-704de6ea
| ホームへ戻る |