シャドウハーツ

シャドウハーツ

『シャドウハーツ』は2001年にPS2用として、
アルゼから発売されました。

パチスロメーカーだから目押しなのかと、一度は皆思ったはずでは。

ゲームジャンル:RPG

シャドウハーツ

アルゼから発売ということで一瞬何だと思った人もいたかもですが、
開発したところはサクノスなわけで、
ここはPS時代に『クーデルカ』も制作しました。

クーデルカは戦闘部分の鈍さという致命的欠点はあったのですが、
グラフィックやムービーの技術は抜群でしたし、
近代を舞台にしたストーリーも比較的珍しかったことから、
個人的には結構好きだったわけでして。
そのサクノスの新たなRPGがこのシャドウハーツだったんですよね。

因みに、このシャドウハーツも近代を舞台にしており、
というか、時系列的に実はつながっていたりもします。
なのでクーデルカをやっていると、
より世界観の理解は深まるとも言えるのですが、
キャラの性格が異なるなどの違和感もありますので、
興味のある人はクーデルカもやった方が良いかもしれないけれど、
別に本作からのプレイでも問題ないって感じですね。

まぁ、そういうわけでそれなりの期待もあったわけですが、
これ本当にクーデルカを作ったところの作品かと思ったわけで、
演出面などクーデルカの良かった面が見事に消えていました。
ADVっぽさもあった視点なども普通のRPGっぽくなりましたし、
あらゆる面で普通のRPGっぽくなってしまったのであり、
個人的にはその辺りがちょっと残念でしたね。

逆にシステム面は大幅に進化しており、
ストレスを感じずに遊べるようになりました。
しかし目玉のジャッジメントリングシステムは特別面白いものでもなく、
目押しの延長程度にしか見えなかったわけで、
結局はマイナスではなくなったけどプラスにもならないって感じでした。

つまりクーデルカから短所部分も減ったのですが、
長所もなくなった作品だったわけですね。
これはこれで穴のない万人向けゲームと言えるでしょうし、
一般的な人気を呼びやすいだろうなとは思ったのですが、
個人的には何の特徴もない印象の薄いゲームになってしまい、
欠点があっても尖ったゲームを求める私には、
あまり得るもののない作品になった、ちょっと残念な作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

シャドウハーツ

関連するタグ PS2 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1122-eebbbad7
| ホームへ戻る |