The Curse of Monkey Island

The Curse of Monkey Island

『Monkey Island3:The Curse of Monkey Island』は、
1997年にWIN用としてLucas Artsから発売されました。

残念ながら、本作は日本語化されていません。
なので、英語版でのプレイになるかと。

CMI01.jpg

ゲームにおけるグラフィックの描画方法としては、
いわゆるCGであったりポリゴンであったりアニメーションであったりと、
実にいろいろな手段があるわけでして。
中でもゲーム上でアニメ又はアニメ調のグラフィックを用いる手段は、
古くからみられる方法ではあります。
もっとも当初のPCやゲーム機の性能の低さゆえに、
中々満足できる作品が出てきませんでした。

まぁ、単にアニメの垂れ流しだったら、
TVのアニメでも見とけよって意見もあるでしょう。
私が求めてたもの、
いや多くの海外のADVファンが求めてたであろうものは、
「ゲーム上で動かせるキャラ」が、
アニメのようにヌルヌルと滑らかに動く作品なんですよね。

初めて満足できた作品。
それは基準をどこに置くかで、人によってかわってくるでしょう。
ルーカスアーツの過去作、例えば『Full throttle』の時点でも、
十分に滑らかとも言えましたしね。

ただ私個人としては、
『Full throttle』はどうしてもゲーム独特の粗さを感じてしまってね。
では自分が初めて文句なしに納得できた作品は何なのかとなると、
やっぱり『The Curse of Monkey Island』になるのでしょうか。

これはWIN95の登場により、
グラフィック面が大幅に強化された事が大きかったんでしょうね。

もっともその後の海外でのADVは、CGやポリゴンが主になっていきます。
そのため、アニメ調の優れた作品が作られることはなくなっていきました。

そうした背景もあり、
『The Curse of Monkey Island』は初めて満足した作品であると共に、
長い間これ以上の作品もないっていう状況が続いたのです。
(現時点では『RUNAWAY2』とかがありますので現時点でなく長い間、
つまり97年からゼロ年代に入る頃くらいまでの期間になります)

それにしても、これが作られたのが97年。
今現在の基準でみても、
国内のADVでこれを超える作品が一体どれだけあるのでしょうか。
興味のある人は動画を探してもらうと分かりやすいのですが、
私はOPの時点で衝撃を受けました。
でもOPは見るだけの部分であります。
もっと衝撃を受けたのはその後で、
ヌルヌル動くアニメーションをそのままに、ゲームが進行していくのです。
その技術力の高さには、ただただ驚愕したものでした。

かようにグラフィック関連が最大の特徴と呼べるのでしょうが、
ぶっちゃけ私の文章よりも動画を見てもらった方が早いでしょう。
百聞は一見にしかずってやつです。

ゲームシステムはポイント&クリック(P&C)型のADVになります。
この作品ならではの斬新さっていうのはないかもだけど、
この手のシステムはある意味Lucas Artsが最も得意とするところでして。
新作が出るたびに少しずつマイナーチェンジされ、改良・洗練されてきました。
次の作品である『Grim Fandango』からは3DのADVになってしまい、
それに伴いシステムが少し変更されてしまいます。
従って、お家芸としてのP&Cは事実上本作が最後と言えるでしょう。

またルーカスアーツのADVの中では、
アニメ調のグラフィックもこのCMIが最後になります。
故にCMIはシステムの面でもグラフィックの面でも、
長きにわたって名作を作り続けてきたLucas Artsの、
いわば到達点にあるとも言えるのではないでしょうか。
その意味で、今尚本作の存在価値は計り知れません。

ところで、このCMIはMonkey Islandシリーズの3作目にあたります。
主人公である海賊船長ガイブラッシュの冒険も3作目。
一応呪われた指輪により黄金像化した恋人を元に戻すって目的はありますが、
ストーリーの基本はコメディー調だったりします。
重厚さではなく、ギャグやノリを楽しむってタイプですね。

こういう類のゲームはツボにくれば最高なのですが、ツボは人それぞれですし、
ましてや海外の作品となると余計にも判断が難しいですよね。
あちらの国では大絶賛の本シリーズですが、
笑いのツボは日本人と外人とでは異なりますから。

グラフィック関連もここまでに絶賛してきましたが、
キャラはどう見ても可愛くないですしね。
日本でアニメ絵となるとどうしても萌え絵になってしまいますし、
CMIのような絵は絶対に日本人にはうけないデザインでしょう。

CMIが傑作であることには、疑う余地もありません。
海外で最高傑作のアンケートをとったら、
間違いなくノミネートされるでしょうしね。

ただ上記のような理由に加え、
3作目ということによる新鮮味の低下という問題もあります。
それ故にこれがADV史上の最高傑作かって聞かれると、
個人的にはどうしてもう~んってなってしまうんですよ。
まぁ、ここら辺は感性の違いってやつでしょうけどね。

ランク:AA-(名作)

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「海外ADV」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1121-ace8c935
| ホームへ戻る |