アイスクライマー

アイスクライマー

『アイスクライマー』が発売されたのは1985年、
任天堂からでした。

アイスクライマーという名前で分かるように、
氷山を舞台にひたすら上をめざしていくアクションゲームです。

これは面白かったですね~
上へ向かって突き進んでいくっていうゲームデザインが、
とにかく斬新に感じたんですよ。

ジャンプの仕方がちょっと難しかったですけどね。
他のゲームと同じように左右ボタンを押しながらでは駄目で、
ジャンプをしてから左右ボタンを押す必要があったので、
いろんなゲームをやってるとかえってあせったものです。

一人でやっても十分に面白いのだけれど、
このゲームは2人で一緒にやると更に面白くなりました。

友人がどんどん先に上へ上っていくと、
こっちはあせっちゃってかえって駄目なんですよね。

アクション系は基本的に下手糞だったんで、
置いてかれることが多かったですし。

それでもとりつかれたかのように、
ひたすら上を目指したものです。

山があるから登るって心境も分からなくはないですね~
(いや、ちょっと違うか…)

まさに、初期の傑作ソフトでした。





関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1117-ea3f80dc
| ホームへ戻る |