D’ark

D’ark

『D’ark(ディー・アーク)』は1992年にPC-98用として、
姫屋ソフトから発売されました。

ゲームジャンル:RPG

darc01.jpg

姫屋ソフトはシーズウェアも擁していた会社で、
シーズウェアはアダルト専用だったのですが、
姫屋ブランドは一般物も作っていました。
本作もその中の1本で一応胸の露出くらいはあるものの、
扱いとしては一般作となっていました。

ジャンルは3D視点のダンジョンRPGになります。
まぁ、ウィザードリィタイプと言った方が早いかもしれませんね。

問題があったのはこのゲーム部分なわけでして。
きわめてシンプルなんですね。
コマンド選択の戦闘はとにかく単純ですし、
ダンジョンにはひねりも何もないですし。
80年代半ばのRPGでも、もっと凝っていたでしょうに。
しかも更に悪いことに、
ストイックなまでにひたすらこの戦闘を強いられるのです。
例え他に良いところがあったとしても、
一番時間を費やす部分が駄目なら作品としても駄目でしょう。
本作は一番時間を費やす戦闘部分が駄目すぎたわけで、
どうしても評価が厳しいものになってしまいます。

とは言え、ゲームは戦闘が全てではありません。
他がよければ、また違った印象にもなってきます。
まずは設定ですね。
本作は善悪が戦うという一見ありがちな舞台なのですが、
主人公は悪の立場だったりします。
それで裏切りだの後ろから切りつけるだの、
非道な行為を平気でするわけですね。
こういう逆の立場という設定は当時では珍しかったですからね、
それでプレイしたくなったようなものですし。

ただ、奇抜な設定をしたからそれでOKかというと、
そう甘くもいかないわけでして。
基本的に戦闘の比重がかなり高いこともあって、
ストーリー自体はわりと薄いです。
その薄さの中で非道な行為をやられても、あまり伝わってこないのです。
例えば、仲間としての描写がしっかり描かれているからこそ、
それを裏切った行為に重みが増すわけですよね。
しかし仲間として信頼する描写が薄いのであれば、
そうした重みなんてこちらが感じることはできません。
万事がそんな感じでしたので、
見た目には悪いことをしているのでしょうが、
思ったほどには良いとは思えませんでした。
それこそアリスのランスのような個性や、
アダルトゲーム的な展開があればもっと楽しめたんでしょうけどね。
目の付け所は面白かっただけに、ちょっと残念でした。

あとは、グラフィックは質自体は良かったです。
1枚絵の質だけなら、十分に名作レベルでしょう。
しかし、基本的にシンプルな戦闘画面を眺めているゲームですので、
全体を通してグラフィックで楽しめたと言えるかとなると、
若干首を傾げざるを得ないかもしれません。

総合的には凡作ってところでしょうか。
姫屋はガッカリゲーの典型に言われることも多かったです。
もちろん中には面白いのもあって、私も好きな作品も多いのですが、
本作なんかはガッカリゲーの代表例かもしれません。
設定とCGを見ると無茶苦茶面白そうに見えただけに、
ちょっと残念な作品でもありました。

ランク:D(凡作)

ディーアーク

関連するタグ PC98 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1116-4ea74ffe
| ホームへ戻る |