タウヒード

タウヒード

『タウヒード』は1989年にPC88用として、
チャンピオンソフトから発売されました。

アリスのとりさんの魅力を存分に発揮した作品であり、
同時に80年代後半を代表するシナリオ重視作品でした。

タウヒード05

<はじめに>


チャンピオンソフトということで、つまりはアリスソフトですね。
元々チャンピオンソフトは80年代前半からPCゲームを作っていましたが、
新たにアダルトゲーム用の専門ブランドとして作ったのがアリスソフトであり、
89年のことになります。
以後は専らアリスソフト名義のゲームばかりですので、
89年はチャンピオンソフトの作品とアリスの作品が混在する、
分岐点ともなった年だったのです。
本作はそのアリスソフト発足の前に、
チャンピオンソフトから発売されたゲームなわけで、
おそらくチャンピオンソフト名義では最後の作品なのではないかと思います。

因みに、チャンピオンソフト時代はアダルトゲームっぽいのから、
かなり真面目なゲームまでいろいろ作っていたのですが、
『タウヒード』はどちらかと言えば前者に分類されることになるでしょうか。
一応12歳の女の子が入浴シーンで裸になりますからね。
もっとも、その手の要素はそれだけしかありませんし、
アリスブランド発足前の作品ということもあってか、
アダルトゲームの話題の中では中々出てこない作品でもあるんですよね。

<ストーリー・グラフィック>


タウヒード02

さて、具体的な中身に入っていきますと、
『タウヒード』の舞台となる時代は近未来の西暦2031年。
主人公は28歳の元従軍カメラマンで、
今は戦争で破壊された遺跡を写真に撮りながら各地を巡っています。
ゲームの主な舞台は中東で、開始時はエジプトにいます。
そこで出会った少女を老人から託され、
彼女を追う秘密結社から逃れながら世界各地の遺跡を巡る話になります。

タウヒード04

まず、中東を舞台にした作品であること自体が珍しいですよね。
イラン・イラク戦争は既にあったわけですが、
もっと身近に感じ出したのは湾岸戦争以後だと思います。
本作はそれより先に発売された作品ですし、
この時期にこういう作品を出したこと自体が驚きです。
加えて、そのアラビア風の雰囲気自体も実に良く描かれており、
本当に異国にいるような雰囲気に浸ることが出来ました。

これはグラフィックの影響も大きかったでしょうね。
テキストの描写もさることながら、
細かな部分までグラフィックの描写が良くできていたのだと思います。
よく2時間もののミステリードラマでも、
各地の風景が楽しめるから見てるって人がいます。
本作はエジプトやイスラエルから次第に東に進み、モンゴルやネパール、
そして最後は主人公の故郷日本へと旅することになります。
その世界各地の景色も楽しめるわけですから、
グラフィックだけでも十分に楽しめるというものでしょう。
こういうのは小説のような字を追うだけのものより、
やっぱり絵がある方が良いよな~ってつくづく思ったものです。

かようにアラビアの世界を描いた作品としてまず評価に値するのですが、
上記のように本作はそこから各地をめぐることになります。
遺跡を巡るという意味では冒険譚でもあるし、
追っ手から逃げるという意味では逃避行物とも言えるでしょう。
世界中を舞台にしたこれだけ壮大な作品も中々ないもので、
次はどんな展開が待っているのだろうと終始ワクワクしましたし、
物語自体の出来もとても良かったと思います。

内容面単独でも十分に評価に値するのですが、
もう一つ付加価値があるとするなら、
ゲームでこの手のストーリーがほとんどなかったってことでしょうね。
80年代はADVが豊作だったと言われますし、私もそう思いますが、
よく振り返ってみてください。
名作と言われる作品のほとんどが推理物かSF物ではありませんか?
厳しい言い方をすればほとんどが2番煎じなわけで、
それこそオホーツクとジーザスをやっていれば、
後はやる価値なしと言う人がいても、決して不思議ではないと思います。
今も恋愛ゲームばかりでそれで私は高い点を付けない事が多いのですが、
80年代にしてもジャンルは違えど似たようなことは言えるわけで、
同じような路線のゲームにはあまり高い点を付けていないんですよね。
しかし、本作は明確に他のゲームと違う路線なわけで、
ここは素直に評価すべきなんだと思います。

また、本作は言うなればアリスのメンバーによる作品なわけで、
本作を担当したライターはアリスの看板ライターだったとりさんでした。
とりさんという事で何となく想像もできるかもしれませんが、
男性キャラが魅力的に描かれていました。
まぁ、女性キャラが主人公の母と妹を除けば、
あとはヒロインのエリザベスだけなんですけどね。
基本的には28歳のオッサンが12歳の少女を連れまわすという、
何とも羨ましい構図なわけですが(これはこれでかなりそそられますねw)、
周りを彩る男の脇役陣が魅力的だったってことですね。
ここら辺の雰囲気は98時代をはじめ90年代のアリス作品にも通じるので、
その頃のアリス作品をプレイしていれば、
何となくわかってもらえるのではないでしょうか。
前述のように本作をアダルトゲームの系統で考えて良いかは議論の余地が残りますが、
少なくとも他のアダルトゲームとはその辺の雰囲気からして違っているんですよね。

<ゲームデザイン>


基本システム的には、本作はコマンド選択式のADVでした。
この時期にはコマンド選択が簡略化された作品も出始めますが、
本作は80年代中期頃の作品の様に表示されるコマンドは多かったのですが、
必要なコマンドのみを選べば次に進むことが出来ました。
少し考えれば次に何をすべきかは分かりますし、
いわゆる総当り的なことを強いられないので、
わりとサクサクとテンポ良く進められました。
これは今なら多くの人に歓迎されるところなのでしょうが、
当時は難しいのを好む人もそれなりにいたわけで、
そういう人には物足りなかったのかもしれませんね。
総当りするのは大変だけど、無駄な選択を強いられず、
必要な分だけで先に進める点、
及び何が必要かはちょっと考えればわかるという点で、
個人的には選択式の中でも中々良く出来ていたように思います。
この辺は、90年代の作品より上手く作られていました。

<感想・総合>


総合的には、かなり良く出来ていた作品でしたね。
質だけでなくボリューム面でも満足できましたし、
名作であることは疑う余地もないです。

欲を言えば、ラストだけもう一押し欲しかったのかなと。
本作では、ラストが想像の余地を残しており、あっさりしていました。
例えば『DESIRE』なんかでも、オリジナルは最後をあえて書いていません。
WIN用の移植版はそこを別人が付け足しして、
それでオリジナルのファンに蛇足だって叩かれてました。
『DESIRE』の場合は私も付け足しは不要とも思いましたが、
作品の質が落ちたとしてもそのシーンが見たいって場合もあるでしょう。
本作はそれに輪をかけて大胆に省いているわけで、
こうなるともう少し分量が欲しかったなとも思うのです。
質が下がってもご都合主義でもあざとい演出でも構わないから、
もうちょっと余韻に浸れるようにしてくれれば良かったんですけどね。
分かりきっていることは書かないという潔い姿勢なのかもしれませんが、
やっぱりもう少し欲しかったのかなと。

或いは、どうせすぐ後にアリスブランドを立ち上げるのであれば、
もっとH要素を入れて完全なアダルトゲームで出してくれれば、
それでも更に評価が上がっていたでしょう。
せっかく12歳の金髪というヒロインがいるのですから、
最大限に活かさないと勿体無いですよ。
本作をアダルトゲームの枠で考えるなら、
ストーリー面は間違いなく80年代の中では1・2を争う出来だったでしょう。
そしたらもっと知名度も上がってたかと思うと、
時期的にちょっと不遇な作品だったのかもしれませんね。

結果的に私は、当初は名作と判断し、
今現在は再評価してギリギリ傑作との判断に至りましたが、
どちらにしろ非常に良く出来た作品でしたし、
こういう雰囲気のゲームが今はないだけに、
評価以上に印象深い作品でもありました。
私が後に非常に高く評価した作品、
壮大な冒険譚としての『Broken Sword』、
女性との逃避行ものとしての『Runaway』、
中東とかそっち方面の馴染みのない世界を描いた『Byzantine』。
それらの根っこを辿ってみると、
案外この作品に通じるのかもしれませんね。

ランク:AA-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト タウヒード

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1115-aed22ac2
| ホームへ戻る |