山村美沙サスペンス 京都花の密室殺人事件

山村美沙サスペンス 京都花の密室殺人事件

『山村美沙サスペンス 京都花の密室殺人事件』は、
1989年にファミコン用として、タイトーから発売されました。

タイトーの山村美沙サスペンスシリーズの第2弾ですね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

京都花の密室殺人事件

タイトーのこのシリーズにハズレはないのですが、
残念ながら前作と本作の2本しかでていないんですよね。

尚、前作との直接のつながりはないので、
前作をプレイしておく必要はありません。
しかし、私は未読なのでよく分からないのですが、
山村美紗さんの著書である『花の棺』のトリックが、
今作に用いられているそうです。
なので、その辺は少し注意が必要なのかもしれませんね。

さて、タイトルからも何となく分かるように、
お花の展覧会で起きた事件を主人公とキャサリンが解決することになります。
生け花の世界ということで、
今回もいかにも京都って雰囲気が漂ってきますね。
山村美沙サスペンスということもあり
ストーリーは誰でも安心して楽しめる水準を保っています。
だから面白いかと聞かれたら面白いとなるのですが、
良くも悪くもTVドラマの延長上の枠内ってところだと思います。

次に、前作はFCにしてはグラフィックとサウンドが良かったのですが、
本作も同様に良かったです。
同じレベルの内容を楽しめたので満足はしたのですが、
こっちは後発な分だけ周りもレベルアップしていますからね。
インパクトはどうしても前作より下回ってしまうのかなと。

ここまではほとんど前作を踏襲した作りになっているのですが、
変わったとすれば、それはシステム面になるのでしょう。
基本システムはコマンド選択式のADVですし、
1日に必要なことをすれば次の日に進むという構造も一緒です。
しかし、できるのは必要なコマンドだけという、
ノベルに近づいた構造になりましたので、
難易度は大幅に下がりました。

それをどう評価するのかは、あとはその人次第でしょうね。
一時期は難易度が高いのがADVだという風潮もありましたが、
それを履き違えて同じコマンドを繰り返させるADVも多数ありました。
多少なら構わないのですが、
あまり何度もやらなければならないとなると、
結構苦痛に感じてしまいます。

今作はその煩わしさがありませんので、
ストレスなくゲームの進行を楽しめるのです。
無駄な部分がなくなったことで、
テンポが良くなったという長所もあります。
しかし、同じ分量で早く進むということは、
それだけボリューム不足を感じさせてしまいます。
89年頃のADVは必要なコマンドだけで良いというゲームも増え、
体感的には最もボリューム不足を感じ始めた頃だったんですよね。
ADVファンで、短時間でも良質な時間を過したい人ならば、
この問題は特に気にもならないでしょう。
でも、そうでない人はやっぱりボリュームも気にしますので、
ファミコンのADVが廃れていった最大の理由は、
実はこの辺にあるんじゃないかなとも思います。

総合では佳作ってところでしょうか。
前作ほどのインパクトはなくなったので、
名作と呼ぶほどの特徴はなかったようにも思いますが、
基本的な作りはしっかりしたゲームでしたから。
難易度が下がったこともあり、より万人向けになったということで、
前作より他人に薦めやすい作品でもありました。

ランク:C(佳作)

京都花の密室殺人事件



関連するタグ ADV /コマンド選択式 /ファミコン /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1110-b3474ccb
| ホームへ戻る |