最果てのイマ

最果てのイマ

『最果てのイマ』は2005年にWIN用として、
XUSEU(ザウス)から発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

最果てのイマ

ジャンルは一応ノベル系のADVでも良いかとは思いますが、
通常のノベル物のような選択肢は出てきません。
テキスト中にリンクのある文字があり、
その文字をクリックすると別画面が出てきます。
昔で言うハイパーテキスト、ハイパーリンクを用いた手法ですね。
このリンクをクリックするか否かで、
各ヒロインのルートに分岐していくことになります。

このゲーム、とかく難解だと表現されています。
本作はストーリーが時系列順に進むわけではなく、
かなりバラバラに進行します。
難解だと言われていることの大部分はこのバラバラという部分に由来するもので、
おそらくほとんどの人が混乱するでしょう。
つまり、難解と言われている要素は故意に作られたもので、
あえて難しくしているわけですね。
文章というのは読み手に理解させるために書くものです。
普通にやれば大した内容でもないものを、
それをあえて混乱させるように仕向けることは果たしてどうなのか?
その時点で少し問題がないとは言えないでしょうが、
まぁそれは良いとしましょう。

ここを肯定的に捉えるならば、
与えられた断片を自分で組み立てていく、
そうしたパズル的楽しみ方が出来ると考えられるでしょう。
私はそういう試み自体はわりと好きだったりします。
似た様なのでぱっと浮かぶのは、
PSで出た『serial experiments lain』でしょうか。
lainも断片を集めていく形式でしたが、
個々の映像や音声だけでも十分に楽しめましたので、
その断片集めという行為自体を楽しめました。
また自分で収集していくので、一応はゲームっぽくもありますしね。

一方の本作は、声はなく映像も乏しいので、
どうしてもテキストによるイベントの収集という印象になります。
それでも、この過程が楽しければまだ問題はなかったんですけどね。
ライターのロミオさんは作品ごとに文章が下手になっていく感じで、
それを一番危惧していたのですが、今回はわりと普通に楽しめました。
ただ、テキスト自体は良かったのですが、ストーリーが無駄に長すぎました。
そのため、結果的にプレイしていてかなり眠かったです。
しかもループっぽい構造なので、何度も見る部分は更に苦痛ですしね。
また、イベントの収集も結局は1本道に近い構造ゆえに、
断片を収集するのではなく断片を与えられるという感じになりました。
つまり、パズルを組み立てる楽しみはまだしも、
パズルのピースを集める楽しみはほとんどないわけです。
時系列をバラバラにして自分で組み立てさせること自体は良いとしても、
個人的にはこのゲーム的な側面でかなり不満に感じてしまいました。

後半は戦争編に入っていきます。
何十時間も費やした後でようやく本番って感じですね。
内容的にはSF物となるわけですが、この部分は普通に面白かったです。
ってか、アダルトゲームにしては珍しいハードSFです。
ハードSFってことで逆に人を選ぶのは間違いないですが、
ハードSF好きなら十分楽しめるかと思います。
ただ、ネタの関係もあるのですが、画面が何か抽象画っぽいのばっかで…
ハッキリ言ってグラフィックが意味をなしていません。
このゲームは音声もないですしね。
絵と音に大して意味がないのなら、
もう普通に小説で良いじゃんよって思っちゃうのです。
序盤の量をぐっと減らしつつ時系列順に並べて、
その上でこの戦争編主体のラノベを出していたなら、
たぶんこの本は当たりだったって素直に褒めていたと思うんですけどね。
でもこれはゲームなわけで、設定さえ良ければ全部OKとはいかないのです。
素材となる設定部分が良いだけにね、
何でこんな下手な味付けになっちゃったのかと思うと、
非常に勿体無いですね。

毎回思うのですが、ロミオさんのゲームはどれもゲーム作りが下手です。
ストーリーが良いなと思った作品でもゲーム作りは下手だったのですが、
その悪い傾向は今回も出てしまいましたね。
もっと言うならば、今回は素材の集まりでしかないです。
まだまだ未完成の作品であり、
きちんと仕上げていればかなり良い作品になれる可能性もあったと、
そんな印象を抱きました。

総合的には特に見るべきところのない作品でした。
自分で時系列を組み立てていくSF系という同系統のゲームとして、
『ODEON』という電波ゲーがありましたが、
あれはグラフィックは抜群でしたのでその面での楽しみもありました。
『lain』は音や絵を楽しみつつ、更に収集の過程も楽しめました。
このゲームにはそういう要素はありません。
いざ組み立てたとしても、
ストーリー自体が特別とまでは思えませんでしたし。
混乱させる要素や専門用語で目くらましをしているから、
それで騙されちゃいかねないですけどね。
そういうわけで、ここまでなら駄作~凡作ってところですかね。
ただ、非常に珍しいハードSF作品ですので、
たぶんSF好きにはオススメできるかとも思います。
たぶんってのも曖昧ですが、
本作の魅力は結局のところジャンルがハードSFであることだけなわけでして。
「アダルト」「ゲーム」で出したことに何の付加価値も見出せないどころか、
逆に七面倒臭い構造で読んでて疲れてしまうわけです。
どうしてもアダルトゲームでSF物をやりたい人にはオススメでしょうが、
そうでなければ面倒な思いをするくらいなら、
素直に他のSF小説読んでた方がマシって人もいるでしょう。
まぁ、個人的には一応前者に近い立場から希少さを評価しまして、
最終的には佳作ってところでしょうか。

それにしても、『クロスチャンネル』なんかはドラマ性を重視しすぎて、
その分設定がいい加減すぎてマイナスが大きかったわけですが、
本作はその逆なんですよね。
設定はしっかりしているのに、ドラマ性が希薄だったり、
余計な部分でマイナスになる部分が多いわけで。
良い部分だけが組み合わされば間違いなく名作だと思うだけに、
非常に勿体無く感じちゃいますね。
まぁ、今回は素材、つまり原石みたいなもので、
その原石には良い物が詰まっているようには思うのです。
なので、ファンなら楽しめるかとは思いますね。

ランク:C-(佳作)

最果てのイマ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/111-2c712599
| ホームへ戻る |