夢幻の心臓

夢幻の心臓

『夢幻の心臓』は1984年にPC-88用として、
クリスタルソフトから発売されました。

国産RPG最初期の名作ですね。

夢幻の心臓

ウルティマのようにフィールドを移動して、
ウィザードリィのように向かいあって戦闘するタイプで、
簡単に言えばドラクエタイプのRPGになります。
もっともドラクエよりこちらの方が早いので、
そういう例え方だと誤解を招きそうなのですけどね。
むしろドラクエが夢幻の心臓に似ているわけですから。

私は根本的にダンジョンを潜るだけのRPGは気が滅入りやすいので、
本作のようなフィールド移動タイプの方が好きでした。

国産RPGの基本的な形の雛形とも言える作品ですし、
RPG的には当然名作だとは思うのですが、
正直このころはまだそんなにRPGが好きではなかったりします。

時期的には仕方ないのかもしれませんが、
本作は画面をその場でいちいち描いています。
ADVならそれも普通に耐えられたのですが、
RPGで戦闘のたびに描画待ちさせられるのは、
どうもストレスがたまってしまったんですよね。

まぁ、それさえ済めば、画面に大きくキャラが映し出されて、
迫力の戦闘が楽しめるので、
グラフィック自体は長所と言えるんでしょうけどね。

ランク:A-(名作)

夢幻の心臓

関連するタグ PC88 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1108-84799f26
| ホームへ戻る |