さくらの季節

さくらの季節

『さくらの季節』は1996年にPC-98用として、
ティアラから発売されました。

これはね~結構話題性は高かったですよね~
リアルタイムで過ごした人なら、かなりの人が知ってるのでは?

sakurano01s-.jpg

<感想>


と言うことで凄く有名な作品ではあったのだけれど、
難しいのはどう評価して良いかってことなんですよね。

まずシステムはごく普通のコマンド選択式のADVで、
ストーリーも王道とも言える恋愛物であります。

これだけならありきたりなゲームなんですけどね。
画面見てもらえば分かるかとは思いますが、
キャラクターが当時人気あったアニメのヒロイン、そのまんまなのですよ。
性格まで似てたりしますからね、
これはもう狙ってやったとしか言いようがないわけでして。
平たく言えば、商業作品において、
同人の二次創作をやっちゃったようなもんです。
ここまで潔くパクっちゃうとはね、こっちが驚きですよ。
本作はオリジナルのPC98版だけでなく、
その後にWIN版が出たり小説で発売されたりもしていますが、
よく訴えられなかったなと、つくづく不思議に思ったものです。

まぁ、権利関係のお堅い話は別として、
買う方もそれを期待して買ってるんでね、
そういう意味では期待に応えてくれた良い作品なわけです。

また、実際のところ、キャラ云々を抜きにしても、
一つの作品として面白かったですしね。
ストーリーそのものは普通の恋愛ものなのでしょうが、
シナリオが上手かったのでしょうね。
これ、違うキャラで発売されていたとしても、
十分に評価されていたと思います。

ですので、遊ぶだけなら大満足でしたで終わりです。
問題は評価する場合なんですよね。
何せキャラ全部がパクリだらけなわけですからね、
こういうのを製品として許して良いのかって、
どうしてもなりますよね。
道義的には、これは製品として失格と言うべきなのかもしれません。

ただ、ややこしいことに、上記のように、
このゲームって良く出来ているんですよ。
パクリなだけあってキャラは可愛いし、MIDI対応のサウンドも良いです。
それだけでなくテキストやテンポも秀逸で、
最初から最後までだれることなく本当に楽しんでプレイできます。
もう、単純に1本のゲームとして面白いのですよ。
仮にこのキャラたちを使わなくても、十分良作だったんじゃないでしょうか。

だからこそ難しいのです。
これは駄目だよって口では言いつつも、
本心では楽しんでしまっている自分がいるわけですからね。
人にも薦めて良いんだか駄目なんだか、サッパリ分かりません。

<総合>


そういうことなのでランクは一応良作にしたけれど、
正確な評価は保留です。
全てはプレイヤー個人の価値観次第ってことでしょうね。

ランク:B(良作)

※もうあっちゃ駄目なんだろうけどね、
どこかまたこういうことをしでかしてくれる
肝の据わった所が出てこないかな~

Win95 CDソフトさくらの季節

関連するタグ PC98 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1107-9cc734e1
| ホームへ戻る |