のぞき屋稼業

のぞき屋稼業

『のぞき屋稼業』は1995年にPC-98用として、
T2から発売されました。

いわゆる盗撮ゲームは、『臭作』が元祖ってわけではありません。
ちょっとしたのぞき要素なら昔からあるでしょうし、
カメラを設置して本格的な盗撮といった『臭作』型にしても、
1995年の『のぞき屋稼業』があります。

nozoki.jpg

<感想>


この『のぞき屋稼業』、簡易マップ移動方式のADVに、
カメラを設置して盗撮という要素を付加してます。
これできっちり作りこまれていれば、
『ようこそシネマハウスへ』並に大絶賛されてたんでしょうけどね。

いや、確かに個々の要素は結構良く出来ているんです。
勘違いしたなんちゃって盗撮物も多い中で、
本作は覗きに特化した作品として秀逸な部類でしょう。

しかし、それぞれのシステムをただ加えていっただけなので、
徒に複雑になってしまい非常に難しい作品となってしまいました。
これ、自力コンプはほとんど不可能じゃないかな。
まぁ、時間をかけて徹底的に表を作れば大丈夫でしょうが、労力がね・・・

もっとも、この作品にはゲームにビデオテープもついてきて、
そのビデオ通りにやれば攻略はできるんですが、
(攻略本ならぬ、攻略ビデオ付きってやつです)
そんな物どこにいったか覚えてないわけでしてw
誰か攻略方法覚えてたら、教えてください。

そういうわけで、鬼のような難易度をほこった本作。
例えどれだけ難しくても、
攻略の過程に楽しませる要素があれば何ら問題はありません。
難しいADVも散々やってきましたからね、
むしろやり応えのあるゲームは望むところです。
しかし、ただ単に難しく何をしていいか分からない状態が続き、
楽しませる要素が欠けているんですね。

『臭作』にみられるスケジュール表を埋めていくような、
目的意識や楽しませてくれる要素がないんですもん。
しらみつぶしの作業的感覚が強くなって、
やってて眠くなるんですよ。
『股人タクシー』を更に単調にしたような感じですしね。

盗撮要素に焦点を絞らず、
あれもこれもと欲を出したための失敗ですね。
発想は良いし部分的な要素も良いのに、
トータルだと思ったより楽しめていない。
ゲームのバランス、
或いは総合的なゲームデザインをもう少し考えていれば、
きっと素晴らしい作品になっていたでしょう。
オリジナリティがあっただけに、
その点が非常に勿体無い作品でしたね。

<総合>


独自性は評価できますが完成度がいまいちということで、
総合的には良作と判断しておきます。
もっとも、数少ない盗撮物のゲームですし、その盗撮部分も良く出来ているので、
この手が好きな人ならきっと満足できる内容ではあります。
ですので、盗撮好きなら今でもやってみる価値はあるかと思いますね。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト のぞき屋稼業

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1106-0a6b19ad
| ホームへ戻る |