悦楽の学園

悦楽の学園

『悦楽の学園』は1994年にPC-98用として、
シーズウェアから発売されたADVです。

禁断の血族に続くシーズウェアの2作目であり、
EVEに出てくる氷室恭子が登場する作品でした。

eturakus-.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

あらすじ・・・
欲望渦巻く、甘く危険な美少女たち。男子禁制の秘密の花園、雨宮学園。
そこに潜入した工作員からの連絡が途絶えた。一体何があったのか?
恋人兼連絡役の由美が続いての潜入を俺に指示してきた。
そこで待っていたのは、女子高で繰り広げられる様々な悦楽の光景だった。
生徒同士のレズビアンだけでなく、青い果実と熟女のハードな誘惑。
その中で隠された陰謀が、恐るべき結末の向かって進行して行く……。

<感想>


シーズウェアが本作の前に出した『禁断の血族』は、
大反響を得た作品でした。
私個人はあまり楽しいとも思わなかったのですが、
よくよく考えると館物であったりメイド物でもあったり、
ハードなエロがあったりと、
後に1ジャンルを築いていく様々な要素が含まれていました。
話題になったのも頷ける作品ではあったんでしょうね。

その『禁断の血族』に続くシーズウェアの作品。
当然期待した人も多かったかと思います。

また、本作の原画家はやさまたしやみさん。
ライターは剣乃ゆきひろさん。
後の『DESIRE』を作ったメンバーですからね。
今振り返ってみても、資料的価値があるとも言えるでしょう。

となると当然期待も膨らむわけですが…
正直、あまり印象に残ってないんですよね。
決して悪い出来ではないし、それなりに楽しめはしましたよ。
でも良くも悪くも普通のサスペンス物って感じで、
名作として訴えかけるほどの何かは感じられなかったんですよね。
キャラは可愛かったけど、それだけって感じでした。
なので、ぜひやってみてっていう作品ではないのかもしれません。

ただ、それも踏まえた上で、本作は「私には」必須の作品だと断言します。
理由は極めて単純で、
『EVE バーストエラー』にも出てきた氷室恭子が登場するから。
氷室恭子、実はかなり大好きなんですよ。
メインヒロインで出てくることはないけれど、
私以外にも好きな人は結構いたんじゃないのかな?
作品の出来からは他人にはお薦めとは言わないけれど、
本作は氷室好きならば避けては通れない作品なんですよね。

ランク:C(佳作)

DESIRE

関連するタグ PC98 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1105-96077e7b
| ホームへ戻る |