英雄伝説5 海の檻歌

英雄伝説5 海の檻歌

『英雄伝説Ⅴ 海の檻歌』は1999年にWIN用として、
日本ファルコムから発売されたRPGです。

ガガーブトリロジーの3作目にして完結編になります。

海の檻歌

初めて画面を見たときは、「ショボッ!!」って思っちゃいましたね。
前作の『朱紅い雫』が96年。
それから3年が経つ間に、
家庭用ゲーム機のRPGのグラフィックは飛躍的に進歩しました。
それに比べて本作の進歩のなさといったら・・・
昔のファルコムはグラフィックは抜群で日本一とも言えただけに、
これはショックでしたね。

とはいえ、ゲームは中身です。
『白き魔女』も『朱紅い雫』も傑作だったので、
少なからず期待してしまいます。
何といっても、本作はガガーブトリロジーの完結編になるんですからね。

と、期待はしていたものの、それ以上に私のPCがへたれていまして、
実際のプレイはしばしおあずけでした。
その間に聞こえてきたプレイした人の感想は「同人ゲー」ってこと。

はて?同人ゲーって具体的にはどういうこと?って思ったりもしましたが、
実際にやってみて納得。
確かに同人ゲーですよ、これは。

どういうことかと言いますとね、
キャラや世界は違えど、
やってることや話の流れが『白き魔女』と一緒なんですよ。
『白き魔女』のファンがキャラを代えてアザーワールドを舞台に作ったら、
きっとこうなるんだろうなって作りなんです。
しかも、本作はガガーブトリロジー完結編ということで、
『白き魔女』を補完するようなエピソードが随所にありまして。
ますます二次創作っぽい雰囲気が漂ってるんですよね。

結局プレイし終わって感じたことは、
『白き魔女』って良い作品だったよな~またやるかな~ってことでした。
『海の檻歌』の記憶はほとんど残らず、
『白き魔女』の面白さばかりが蘇ってきます。

まぁそういうわけですので、
『海の檻歌』が単独作品だったらプレイする必要性も少なかったかも。
致命的に悪いって部分もないけれどいたって普通の出来なので、
どう見ても先の2作品ほどのインパクトはないですからね。

でも、本作は『白き魔女』や『朱紅い雫』と一緒になって、
ガガーブトリロジーを構成しているのです。
壮大なガガーブトリロジーの一部分として、
絶対にはずすことの出来ない作品なんですよね。
特に『白き魔女』と『朱紅い雫』の関連性自体はかなり少ないので、
本作がつなぐ意味合いは大きいとも考えられますし。

さぁ、三部作の大トリだって期待して望むのではなく、
先の2作品をつなぎ補完する0.5作品ぐらいの感覚で望むと、
結構楽しめるような気がしますね。

ランク的にはガガーブトリロジーの1つとして欠かせないと考えるならば、
B以上でも構わないような気もします。
ただここでは単独での評価ということで、
一応Cに留めておきたいと思います。

ランク:C(佳作)

海の檻歌

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1100-4c840890
| ホームへ戻る |