L-ZONE

L-ZONE

『L-ZONE』は1992年にMAC用として、
シナジー幾何学から発売されました。

ジャンルはインタラクティブムービー系のADV。
内容的にはSFものになりますね。

L-ZONE

CGを駆使したこの手のジャンルで、
国内におけるパイオニア的地位にあった庄野晴彦さん。
本作は、その庄野晴彦さんが手がけた作品で、
91年の『Alice』に次ぐ作品になります。

綺麗なCGというもの自体が非常に珍しかった時代。
この分野は、とにかくMACの独壇場と言えましたね。

ゲームはL-ZONEというドーム状の都市の内部を散策するもので、
一応目的はあったはずですが…何だったかな?
まぁ、細かいところはともかく、
その都市の内部で近未来的な機械をいろいろいじることを楽しむ、
そういうゲームでした。

今となっては非常に単純なのでしょうが、
グラフィックを見ているだけでも満足できる作品でしたし、
そこに描かれている物を自分でいじれるってだけで、
非常に楽しく感じられたものです。
こうしたバーチャルリアリティは、
当時の家庭用ゲーム機のゲームでは味わうことができないもので、
それ故にとても新鮮な感覚でプレイできたのです。

ストーリーやゲーム性が高いわけではないので良作としましたが、
もっと新鮮さを高くみて名作としても良かったかもですね。
ただ、それでも『Alice』や『ガジェット』よりは、
どうしても影が薄くなってしまいますけどね。

MYST系のADVとかは遊びだすと面白いのですが、
難しい謎解きは肩が凝るというか、疲れるわけでして。
たまにこういうまったり世界観を楽しめるって作品も、
良いように思いますね。
国産マルチメディアソフトの先駆けとなった『Alice』に、
世界中で高い評価を受けた『ガジェット』。
その間の作品で影が薄くなりがちですが、
一連の進化の変遷には欠かすことのできない作品でしたね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ MAC /ADV /インタラクティブムービー /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/11-40e4b3f6
| ホームへ戻る |