忍者ハットリくん

忍者ハットリくん

『忍者ハットリくん』は1986年にハドソンから発売された、
横スクロールのアクションゲームです。

客観的なデータからは、原作付ゲームの歴史に名を残す作品と言えるのでしょう。

世の中には、
自分が体験したはずなのによく分からないってこともありまして。

忍者ハットリくんってアニメがあったの、
平成生まれの人は知ってるんでしょうか?
当時は結構というか、
かなり人気だったのは間違いないはずだとは思いますけど。
自分も好きでアニメは欠かさず見てましたしね。

ただ客観的にみて、
これ以上に人気があったアニメも一杯あったはずなんですよね。

しかしながら、
ファミコン版の『忍者ハットリくん』は実に150万本もの売り上げを残し、
原作付きとしては10年以上も破られない記録を打ち立てました。

86年の大作としては『ドラゴンクエスト』がありますが、それも150万本。
ハットリくんはドラクエに並んでるんです。
いや、ドラクエは149万本って話もあるから、超えてるのかな?

当時を知らない人は驚きませんか?
当時を知ってるはずの自分も驚いてるのに。

でも『忍者ハットリくん』、
確かに雑誌とかで大々的に取り上げられてましたね。

凄い大作が出るみたいなイメージで、
これは発売日には買わなければみたいな雰囲気が周りにありました。
実際、友達も皆買ってたし。

このゲームに関しては、
発売前の盛り上がりの方が記憶に残ってるんですよね。

ゲーム自体は、悪くはないけどごく普通だった気がしますし。
サウンドは良かったものの他の出来自体は可もなく不可もなく、
発売後は自然と話題から消えてったような…

う~ん、これはこれで社会現象だったんですかね?



関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1099-99c643a4
| ホームへ戻る |