亜美 ときめきパソコンプリンセス

亜美 ときめきパソコンプリンセス

『亜美 ときめきパソコンプリンセス』は、
1996年にWIN用としてフェアリーダストから発売されました。

フェアリーダストの専売特許「くりぃむレモン」シリーズ。
その中でも特に人気があった亜美ちゃん物は幾つかゲーム化もされてまして、
本作もその内の1本となります。

Win95 CDソフト 亜美 ときめきパソコンプリンセス

ここではゲームとして扱いますが、正確には環境ソフトの類になるでしょうか。
これが発売された96年はWIN95が本格的に普及しだした年で、
まだ対応ゲームの数は少なかったのですが、
スクリーンセーバーとかの環境ソフトは一杯発売されていました。
それにあやかったというか、アレンジした感じなんですよね。

というのも、ゲーム内でプレイヤーがすることは基本的にないのです。
現実の時間に応じて亜美ちゃんも行動し、
起動時間や回数によって見られる映像が変わってくるので、
毎日のように頻繁にPCの電源を入れていました。

家庭用ゲーム機で似たようなのだと、あれがありますね。
セガサターンの『ROOM MATE~井上涼子~ 』です。
あれのアダルトバージョンと考えれば、ほぼ間違いないかと思います。
もっともあっちより『亜美 ときめきパソコンプリンセス』の方が先なんでね、
サターンのが発表された時には、
何だエロ無しの2番煎じかよって思った記憶があります。

リアルタイムで進行するコミュニケーションソフトという、
発想とか試みは面白かったんですけどね。
声優さんがOVAと同じ人が使われたのも良かったし。

ただ、リアルタイムで行動されても、
こっちも暇じゃないですからね。
絶えずPCの前に据わって観察ってわけにもいきませんよ。

こういうのは携帯できる環境の玩具で作れば面白そうなんだけどな~って、
起動するたびに毎回思っていました。
その数ヵ月後に「たまごっち」が発売、大人気となったわけで。
ほら、言ったとおりじゃんって思ったものです。

まぁ、「たまごっち」はキャラが好みでないし、
何より美少女がいないのではまりませんでしたけどね。

こういう路線が進化し行き着いた先が、
『ラブプラス』になるんでしょうね。
当時望んでいたゲームが、今頃になって実現した感じです。

ゲームとしては必ずしも優れた作品ではないかもしれませんが、
そういうこともあって思い出深い作品ではありましたね。
ランクはあってないような気もしますが、
先見性を高く評価して甘いとは思いつつも良作ってことにしておきます。

ランク:B-(良作)

Win95 CDソフト 亜美 ときめきパソコンプリンセス

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1090-150ef151
| ホームへ戻る |