SNOW

SNOW

『SNOW』は2003年にWIN用として、
スタジオメビウスから発売されました。

スタジオメビウスの作る恋愛モノとして話題になったのですが…

ゲームジャンル:ノベル系ADV

SNOW Standard Edition

『悪夢』や『絶望』といった陵辱もので有名なスタジオメビウスが、
何をとち狂ったか恋愛ものを作る。
その時はビックリしたものですが、絵を見た瞬間に購入を決めました。

もともと『不揃いのレモン』の頃から、
原画である飛鳥ぴょんさんの絵が好きでしたからね。
それなのにずっとまともな新作がなかったわけですから、
これは買わねばと思うでしょう。
実際、プレイしてもグラフィック面は良かったですね。
原画だけでなく、演出も含めた全体が良かったです。

購入を決めた理由はもう一つあって、
それがI’veのサウンドでした。
当時はまだ人気が凄かったですし、期待したくもなります。
ただ、こちらの方は普通ってところでしょうか。
それよりも、この時期になって声がないことの方に違和感がありました。

さて、ここまでの部分は比較的好印象なのですが、
問題はゲームの核となる部分です。
ジャンルはノベル系のADVで、
内容的には冬を舞台にした恋愛ものになります。
ただ、これの一体どこを評価しろと言うのでしょう?
というのも、ストーリーやキャラがkeyの作品群と酷似していて、
そのせいで全く楽しめませんでした。
確かに同じビジュアルアーツ系列の作品で、
内部的には問題はないのかもしれません。
しかし読まされるこちらは、
何も知らずに以前見たストーリーをなぞる羽目にあったわけで、
プレイしていて終始退屈でした。
しかも、微妙に劣化してのコピーですし。
まぁ、劣化コピーでも好きな路線ならOKという人もいるでしょうし、
keyの作品を知らなければ楽しめるのでしょう。
しかしそういう創作行為には疑問が残りますし、
仮に楽しめても作品としては普段の私の基準では全く評価できません。
この部分はハッキリ減点対象でしょう。

総合的には凡作ってところでしょうか。
グラフィックは長所といえますし、その点では満足したのですが、
それ以上に他の部分が悪すぎましたから。
たとえほとんど同じでも楽しければOKな人や、
或いは単純に絵買いっていうのであれば話は別ですが、
そうでなければやる必要のないゲームだと思います。
こういうのを作品として認めていいのかとも思ってしまいますし、
絵が良いだけに複雑な気分になった作品でしたね。

ランク:D-(凡作)

SNOW Standard Edition

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/109-b402e50b
| ホームへ戻る |